アセスメント研究開発室

アセスメント研究開発室について

設立経緯

鎌田恵太郎

アセスメント研究開発室長鎌田 恵太郎

アセスメント研究開発室の成り立ちは、東京大学大学院教育学研究科教育測定・カリキュラム開発(ベネッセコーポレーション)講座(2005~2007)に由来します。当時の活動を通じてアセスメントの重要性を認識し、研究を進めてきました。研究で得られた知見を広く発信いたします。

目的使命

教育とテスト・評価は、切り離せない関係にあります。アセスメント研究開発室は、現在と未来に目を向けたテスト・アセスメントのあり方を研究開発し、優れた教育の構築に貢献します。テスト・アセスメントの研究分野は次の5つに集約されます。

  1. 新たな教育課題に伴う、世界的な評価測定の潮流の探索
  2. 目指す能力や態度などの適切な測定方法の研究・開発
  3. 測定結果の統計的分析手法・最新のテスト理論の研究
  4. ICTを活用したテストの実施基盤の研究
  5. テスト等の測定結果を、教育の改善に活かす方法の研究

現在進みつつある教育改革は、2つの大きな課題を追いかけています。一つは、従来型の知識・技能の確実な習得をめざすこと。もう一つは、グローバルな知識基盤社会において、課題に主体的に取り組み、課題解決のために多様な他者と協働できる人材をいかに育成するかということです。
そのような人材には、課題発見・課題解決能力等のいわゆる汎用的な能力や、主体性・協働性といった態度・志向性が求められています。これらの能力や態度をどう育成し、どのような方法で測定・評価するかが今後の教育の重要な課題であり、現在検討されている大学入試・高大接続改革においても主要な論点となっています。
私たちアセスメント研究開発室では、こうした社会の動きに対応して、教育に役立つ学術的な調査・研究・開発とその成果の発信を行ってまいります。より学習効果のあがる教科別学力診断から、今後注目される汎用的能力や態度・志向性の実効性のある評価・測定方法に関する研究開発を通して、エビデンスに基づく情報提供やご提案をすることを目指します。

具体的研究領域と研究テーマ

  • これからの入試改革を見据えた汎用的能力測定や総合的評価方法の研究
  • 社会で学び続けるために必要な能力・態度の測定・評価方法の調査研究
  • 学習としてのアセスメント教材に関する研究開発
  • 項目反応理論(IRT)に関連する心理測定学的手法の研究開発
  • ベイズ統計学の理論や考え方の心理測定学への応用研究
  • 大規模アセスメントを安定的に実施するための「問題データベース」やCBT(Computer Based Testing)研究開発

研究室概要

顧問あいさつ

ベネッセ教育総合研究所
顧問/東京大学名誉教授渡部 洋

最近はテストの世界でもグローバリゼーションが著しく、日本国内だけで閉じたまま研究を行っていくことは難しい状況となっています。
またETS、ACER、Citoなどの海外の主要なテスト研究・開発機関は純粋な研究機関というよりは、そのほとんどが実際に大規模テストを作成・実施し、そこから得られたデータで教育政策への提言を活発に行っており、日本を含めたアジアの国々にもテスト事業を拡張しようと強い関心を抱いています。
そのような中で、諸外国に遅れることなくテストの評価や開発あるいは関連データの解析といった事業を行ない、それらの結果をまとめて知見を提供していくことは、現在様々な困難な課題を多くかかえている我が国の教育機関にとって、問題解決のための重要な情報源となるだけではなく、教育の質そのものに大きく影響していくものだと思います。
企業としての効率と合理性・大学並みの研究水準を維持し、国内外を問わず研究と実践の交流を通じてEvidence Based Educational Policiesの樹立に貢献することによって、少しでも日本の教育の水準向上に役立つことができれば幸いです。

顧問 渡部 洋(わたなべ・ひろし) 東京大学名誉教授

経歴

東京大学教育学研究科教育心理学専攻博士課程修了、アイオワ大学大学院Ph.D.、カリフォルニア大学リバーサイド校統計学部博士研究員、大学入試センター研究部助手、同助教授、東京大学教育学部助教授、同研究科教授、同大学評議員、同研究科長・学部長、同ベネッセコーポレーション寄付講座教授を経て、ベネッセ教育総合研究所顧問。

研究テーマ

カリキュラムフリーテストの開発とその関連データの解析

業績

渡部 洋 (1993)『心理学検査法入門』福村出版
渡部 洋 (1999)『ベイズ統計学入門』福村出版 など

鎌田 恵太郎(かまた・けいたろう) 室長/主席研究員

経歴

1986年福武書店(現ベネッセコーポレーション)入社。進研模試副編集長、学力分析システム(現スタディーサポート)開発責任者を経て、2003年ベネッセ教育総研主任研究員、2005年ベネッセ教育研究開発センター主席研究員、2013年ベネッセ教育総合研究所高等教育研究室長/主席研究員 兼 アセスメント開発課長

研究テーマ

カリキュラムフリーテスト、意欲・態度アセスメント研究開発とそのeテスティング化

樋口 健(ひぐち・たけし) 主任研究員

経歴

1990年民間シンクタンクに入社後、我が国の研究者長期需給予測、大学設置・改変構想、リカレント教育推進、大学を核とする地域振興、大学発ベンチャー促進支援等、高等教育関連の公共政策、実践課題の解決に資するリサーチ・コンサルティングに多数携わる。
2007年ベネッセ教育総合研究所移籍後も、高等教育の諸問題をテーマとする調査研究を続けている。

研究実績

「学力格差の発生と解消に関する調査研究」(2007年)

「デアリング報告以降の英国の大学教育改革の進展に関する調査研究(経済産業省委託;2007年)」

「大学生の学習・生活実態調査」(2008年、2012年)

「大学卒業程度の学力認定の仕組みに関する調査研究」(文部科学省委託;2008年)

「留学生・海外体験者の国外における能力開発を中心とした労働・経済政策に関する調査研究」(経済産業省委託;2008年)

「質保証を中心とした大学教育改革の現状と課題に関する調査」(2009年)

「社会人から見た必要な能力と大学・高校時代の経験に関する調査」(2010年)

「大学生の保護者に関する調査」(2012年)

「大学生の主体的な学びを促すカリキュラムに関する調査(日本高等教育開発協会との共同研究)」(2013年)

「高大接続に関する調査」(2014年)

「大学時代の学びと成長に関する振り返り調査」(2014年~15年)

「米国のアドミッション及び国内大学の入試改革に関する調査」(2015年 非公開)

主な研究・関心領域

1)中等・高等教育におけるステークホルダー(教員、学生、保護者、社会人等)に関する意識・実態調査

2)高等教育の諸問題の実態と対応のあり方に関する調査研究

・高大接続問題に関する調査研究

・教学改革のあり方に関する調査研究

・高等教育の質保証に関する調査研究  他

3)高等教育における社会人を対象とする教育のあり方に関する調査研究

・リカレント教育の課題に関する調査研究

・社会人の学習成果の評価と労働市場での活用に関する調査研究  他

社会的活動

・相模女子大学非常勤講師(1997年~2005年)

・東京女学館大学非常勤講師(2004年~2006年)

・玉川大学非常勤講師(2004年~2005年)

・横浜市生涯学習推進会議委員(2006年~2009年)

・日本学生支援機構 有識者会議委員(2010年~)

・国立教育政策研究所「実践的専門性の形成にかかる評価・認証制度の制度化に関する調査研究」委員(2013年~2015年)

加藤 健太郎(かとう・けんたろう) 主任研究員

経歴

東京大学大学院教育学研究科修士課程修了 修士(教育学)、ミネソタ大学統計学科修士課程修了 M.S.(統計学)、ミネソタ大学教育心理学科博士課程修了 Ph.D.(教育心理学)、Educational Testing Service研修生を経て、2009年よりベネッセ教育総合研究所研究員。 種々の教育アセスメントの設計・開発・データ分析に関わる。2013年より主任研究員。

研究テーマ

アセスメントの開発・運用において用いられる様々な統計的・数理的手法、特に項目反応理論に関連する心理測定学的手法の開発

業績

Kato, K. (2016). Measurement issues in large-scale educational assessment. The Annual Report of Educational Psychology in Japan, 55.
加藤健太郎 (2014). 多変量解析 下山晴彦・大塚雄作・遠藤利彦・齋木潤・中村知靖(編著) 誠信 心理学辞典[新版] (pp. 534-536) 誠信書房
加藤健太郎・山田剛史・川端一光 (2014). Rによる項目反応理論 オーム社
Kato, K., Moen, R. E., & Thurlow, M. L. (2009). Differentials of a state reading assessment: Item functioning, distractor functioning, and omission frequency for disability categories. Educational Measurement: Issues and Practice, 28 (2), 28-40.
Kato, K. (2008). Utilizing interpretable incorrect responses to improve cognitive diagnosis. In Shigemasu, K., Okada, A., Imaizumi, T., & Hoshino, T. (Eds.), New trends in psychometrics (pp. 171-176). Tokyo, Japan: Universal Academy Press.
など

社会的活動

日本行動計量学会 欧文誌編集委員(2014~)
日本テスト学会誌 編集委員(2015~)
一橋大学社会学部 非常勤講師(2010)
横浜国立大学教育人間科学部・大学院教育学研究科 非常勤講師(2010~2015)
明治学院大学大学院心理学研究科 非常勤講師(2012~2013)
東京大学教育学部・大学院教育学研究科 非常勤講師(2014~)

野澤 雄樹(のざわ・ゆうき) 研究員

経歴

アイオワ大学大学院教育学研究科博士課程修了、Ph.D.(教育測定学)、ACT, Inc.研究員を経て、2012年よりベネッセ教育総合研究所研究員。

研究テーマ

テスト理論、論述テストの開発、適応型テストの開発など

業績

Zheng, Y., Nozawa, Y., Zhu, R., & Gao, X. (in press). Automated top-down heuristic assembly of a classification multistage test. International Journal of Quantitative Research in Education.
野澤雄樹・堂下雄輝・島田研児(2015)「論述採点の正確さと所要時間に関する研究」日本テスト学会第13回大会発表論文抄録集(pp. 138-141)
Nydick, S., Nozawa, Y., & Zhu, R. (2012). Accuracy and efficiency in classifying examinees using computerized adaptive tests: An application to a large scale test. Paper presented at the annual meeting of the National Council on Measurement in Education, Vancouver, British Columbia, Canada.
など

社会的活動

早稲田大学大学院文学研究科 非常勤講師(2013年秋学期)
首都大学東京都市教養学部・人文科学研究科 非常勤講師(2015年後期)

桑田 一(くわた・はじめ) 主任研究員

経歴

福武書店(現ベネッセコーポレーション)入社後、企業・大学領域での新規事業商品開発、学力アセスメント商品の開発・運用担当、2005年東京大学大学院教育学研究課教育測定・カリキュラム開発(ベネッセコーポレーション)講座連携研究員等を経て、現職。

研究テーマ

大規模アセスメントを安定的に実施するための「問題データベース」やCBT(Computer Based Testing)開発研究

中島 功滋(なかじま・こうじ) 研究員

経歴

東京工業大学大学院社会理工学研究科修士課程修了 修士(学術)、東京工業大学大学院社会理工学研究科博士課程満期退学。東京工業大学21世紀COE技術補佐員、淑徳大学非常勤講師を経て、2007年よりベネッセ教育総合研究所研究員。

研究テーマ

言語データ分析手法の教育分野への適用。eテスティング

業績

中島 功滋(2011)「短答式記述答案の採点支援ツールの開発と評価」言語処理学会
第17回年次大会発表論文集, pp.611-614
中島 功滋(2010)「機械学習を利用した短答式記述答案の自動識別」日本教育工学会
第26回全国大会講演論文集, pp.639-640

堀 一輝(ほり・かずき) 研究員

経歴

大阪大学大学院人間科学研究科博士前期課程修了
修士(人間科学)。2011年よりベネッセ教育総合研究所研究員。主にジェネリックスキルを測定するテストのデータ解析を担当。

研究テーマ

アセスメントデータの次元数評価法、多変量解析法の教育テストデータへの適用

業績

岩崎久美子、下村英雄、柳澤文敬、伊藤素江、村田維沙、堀一輝(2016)『経験資本と学習――首都圏大学生949人の大規模調査結果』明石書店
堀 一輝 (2009)「三相主成分分析における核配列の単純構造化を目指した斜交カイ二乗マックス回転」日本計算機統計学会大会論文集, 23, pp.151-154
王 涛・堀 一輝(2013) 大学生向けの学習動機尺度の開発:自己決定理論に基いて. 日本教育心理学会総会発表論文集, 55, 133

伊藤 素江(いとう・もとえ) 研究員

経歴

上智大学大学院総合人間科学研究科教育学専攻博士課程満期退学。修士(教育学)。2006年にベネッセコーポレーション入社。読解力、語彙力、批判的思考力など、これからの社会で必要とされる能力に関するアセスメントの研究・開発に携わる。

研究テーマ

ジェネリックスキル(特に批判的思考)の項目開発研究

業績

岩崎久美子、下村英雄、柳澤文敬、伊藤素江、村田維沙、堀一輝(2016)『経験資本と学習――首都圏大学生949人の大規模調査結果』明石書店
武内清、伊藤素江、谷田川ルミ(2006)「『新興大学』の学生の生活と意識 -『伝統総合大学』『中堅大学』との比較を中心に」上智大学教育学論集,40,p61-78.
大島真夫・伊藤素江・浜島幸司(2007)「コミュニティとしての大学―21大学調査から―」『現代大学生の生活と文化―学生支援に向けて―』文部科学研究補助金最終報告書(課題番号:13660167)

 

堂下 雄輝(どうか・ゆうき) 研究員

経歴

2004年ベネッセコーポレーション入社。進研模試・スタディーサポート・進路マップ等高校生向けのアセスメント編集業務を経て、2010年より現職。

研究テーマ

ジェネリックスキルの項目開発研究

村田 維沙(むらた・いさ) 研究員

経歴

東京工業大学大学院 社会理工学研究科 修士課程修了(学術)。同博士課程満期退学。2014年よりベネッセ教育総合研究所研究員。

研究テーマ

ジェネリックスキルの項目開発研究

業績

岩崎久美子、下村英雄、柳澤文敬、伊藤素江、村田維沙、堀一輝(2016)『経験資本と学習――首都圏大学生949人の大規模調査結果』明石書店
Murata, I., & Muta, H. Educational Conditions and Student Outcomes in Indonesia. 55th Annual Conference of the Comparative & International Educational Society, Montreal. May 2011.
村田維沙・深町珠由・松本真作・西村公子. テキストの類似性に基づいた職業クラスター化の試み:テキストマイニングの適用可能性の検討. 日本テスト学会第8回大会(多摩大学). 2010年8月.
Murata, I., Ookubo, T., & Muta, H. The International Comparative Study of Relationship Between Activities Other than School Lessons and Mathematics Achievement: Using R-based programme for Nominal Categories Model. 27th International Congress of Applied Psychology, Melbourne. June 2010.

中田 麗子(なかた・れいこ) 研究員

経歴

東京大学大学院修士課程(教育学)修了、博士課程単位取得満期退学。2008年にベネッセコーポレーション入社。研究所で主に海外の教育制度と改革動向、これからの社会で必要とされる能力とその評価についてのリサーチに携わる。2012年度にはベネッセ教育総合研究所が運営する「子ども学研究所」チャイルド・リサーチ・ネット(CRN)のコーディネータも務める。現在は、高大接続領域における教育・評価についての海外事例のリサーチに従事。

研究テーマ

教育改革やアセスメント研究開発の国際的な動向、およびそれらが各国の教育政策や実践に与える影響の調査研究。

業績

澤野由紀子・ 中田麗子・ 林 寛平・本所 恵・渡邊あや(監修・監訳)(2015)『【抄訳】PISAを照らす北欧のオーロラ2009―読解力を中心に―』国立教育政策研究所
中田麗子(2008)「ノルウェーの教師教育における反省的メンタリング-『行為と省察モデル』が直面する問題-」日本教師教育学会年報第17号
中田麗子(2009)「北欧 / ノルウェー 知識の質と不平等をめぐる教育改革の途上で」佐藤 学・澤野由紀子・北村友人(編)『ゆれる世界の学力マップ』明石書店

須永 正巳(すなが・まさみ) 研究員

経歴

2003年ベネッセコーポレーション入社。各種学校向けアセスメント教材の企画制作、「進研ゼミ」教材・「√T東大特講」「√K京大特講」企画制作、2006年東京大学教養学部教養教育社会連携寄付研究部門受託研究員等を経て、現職。

研究テーマ

ライティングスキルテスト、ジェネリックスキルテストの項目研究。

社会的活動

NPO法人「八王子つばめ塾」理事

加藤 嘉浩(かとう・よしひろ) 研究員

経歴

電気通信大学大学院情報システム学研究科博士前期課程修了 修士(工学)、電気通信大学大学院情報システム学研究科博士後期課程修了 Ph.D.(工学)、2016年よりベネッセ教育総合研究所研究員。

研究テーマ

統計的機械学習手法、自然言語処理技術を用いた採点支援、評価手法の開発。

業績

加藤嘉浩,石井隆稔,宮澤芳光,植野真臣(2016)Latent Dirichlet Allocation を用いたレポート推薦システム,電子情報通信学会 和文D 2016年2月Vol.J99-D,No.2,pp.152-164.
Y. Kato, M. Ueno (2014) "E-PORTFOLIO RECOMMENDATION SYSTEM USING LDA", 8th International Technology, Education and Development Conference (INTED) Proceedings, pp.707-716, 10-12 March 2014, Valencia, Spain.
加藤嘉浩,石井隆稔,植野真臣(2014)LDAを用いたレポート推薦機能を持つeポートフォリオシステム,日本テスト学会 第12回全国大会論文集,pp.96-97
加藤嘉浩,石井隆稔,植野真臣(2014)LDAを用いたレポート推薦機能を持つeポートフォリオシステム,教育システム情報学会 第39回全国大会論文集,pp.365-366
加藤嘉浩,石井隆稔,植野真臣(2014)トピックモデルを用いたレポート推薦機能を持つ eポートフォリオシステム,日本教育工学会 第30全国大会論文集,pp.389-390
杉山 剛,加藤嘉浩,石井隆稔(2015) 適応型テストのためのLDAを用いた項目間類似度の利用可能性,日本テスト学会 第13回全国大会論文集,pp.104-107
Louvigne.S, Jie.Shi, Y.Kato, N.Rubens, M.Ueno, "A corporal and LDA analysis of abstracts of academic conference papers", Advanced Mechatronic Systems (ICAMechS), 2013 International Conference on , pp.412-416, 25-27 Sept. 2013
Louvigné.S, Y.Kato, Rubens.N, Ueno.M, "Goal-Based Messages Recommendation Utilizing Latent Dirichlet Allocation", In Advanced Learning Technologies (ICALT), 2014 IEEE 14th International Conference on, pp.464-468, 7-9 July. 2014
Louvigné.S, Y.Kato, Rubens.N, Ueno.M, "SNS Messages Recommendation for Learning Motivation", In Artificial Intelligence in Education (AIED), pp.237-246, 22-26 June.2015, Springer International Publishing.

牧野 直道(まきの・なおみち) 研究員

経歴

2013年ベネッセコーポレーション入社。進研模試、スタディーサポート等の高校向けアセスメント教材の運用、新規アセスメントの企画を担当し、現職。

研究テーマ

多変量解析法の教育テストデータへの適用

業績

Makino, N. (2015) Generalized data-fitting factor analysis with multiple quantification of categorical variables, Computational Statistics, 30(1), 279-292.
髙橋諒, 牧野直道 (2015) 個体間制約を伴うK平均クラスタリング -置換行列を用いたアルゴリズム-, 計算機統計学, 28(2), 105-119.

ページのTOPに戻る