グローバル教育研究室

グローバル教育研究室について

設立背景

加藤由美子

グローバル教育研究室長加藤 由美子

グロ―バル化の進展に伴い、すべての人がグローバルシチズンとして生きることが求められます。私たちはこれまで、英語教育に関して、子ども・教員・保護者に対する調査研究によって、日本の英語教育の課題を明らかにし続けるとともに、幼児から成人まで一貫した英語教育のフレームワークの提示や日本の英語教育の課題解決のための議論の場を提供してきました。それらを引き続き行うとともに、今後、これまで積み重ねてきた英語教育研究の知見を基盤にし、グローバルシチズンの学びや教育に関する調査・研究にも取り組みます。

目的使命

21世紀を生きるグローバルシチズンとして求められる能力、その能力を高めるために必要な学びや教育の課題を明らかにし、その成果を社会に発信することで、グローバルシチズンの学びや教育の充実・発展に貢献できるように努めます。

研究領域と研究テーマ

英語教育研究、言語教育研究、カリキュラムマネジメント研究

研究テーマ

  • 幼児から成人までの一貫した日本の英語教育へのグランド・デザイン開発
  • 小中高の英語教育に関する調査研究
  • 小中高の英語教育におけるカリキュラムマネジメント研究
  • 英語教育を通しての汎用的能力育成の研究

研究室概要

研究員

加藤 由美子 (かとう・ゆみこ) 室長/主任研究員
㈱ベネッセコーポレーション大阪支社を経て、ベルリッツ・シンガポールの学校責任者として駐在。帰国後は、ベネッセの英語教育事業開発を担当。研究部門に異動後は、ECF(幼児から成人まで一貫した英語教育の理論的枠組み)開発や東京学芸大学附属小金井小学校の外国語活動カリキュラム開発などに携わる。英語教育が、子どもの成長やことばの力の育成にどのように資するのか、に関心を持っている。

福本 優美子 (ふくもと・ゆみこ) 研究員
初等・中等教育領域を中心に、子ども、保護者、教員を対象とした英語教育、英語学習実態の調査研究を担当。これまで担当した主な調査は、「中高生の英語学習に関する実態調査2014」、「中高の英語指導に関する実態調査2015」、「小学生の英語学習に関する調査」(2015)など。子どもの英語学習と学校や家庭、社会との関係性について関心を持っている。

森下 みゆき (もりした・みゆき) 研究員
ベネッセ総合教育研究所の前身の研究部門にて、ECF(幼児から成人まで一貫した英語教育の理論的枠組み)開発、東アジア高校英語力GTEC調査等に携わる。(株)ベネッセコーポレーションの幼児・小学生英語教材・サービス開発を経て、2016年より現職。子どもの英語学習とことばの成長、学校での英語教育について関心を持っている。

平野 裕 (ひらの・ゆたか) 特別派遣研究員
岐阜県内の公立中学校英語科教諭としての勤務を経て、岐阜市教育委員会学校指導課英語科指導主事に着任。岐阜市立小学校第1・2学年の英語教科化や「イングリッシュ・キャンプ in GIFU」等の事業に従事。平成28年4月、岐阜市教育委員会学校指導課よりベネッセ教育総合研究所へ派遣される。児童・生徒が実践的に英語を話す力を身につけることに関心を持っている。

ページのTOPに戻る