[an error occurred while processing this directive]
ご意見・ご感想はこちらまで

小さな子どもとメディア
親と子のメディア研究会
最新!メディア研究ニュース
ここでは、「小さな子どもとメディア」についての最新の研究をご紹介します。
研究会メンバーによる座談会 スマートフォンなどのデジタルツール
小林 登 先生 東京大学名誉教授 チャイルド・リサーチ・ネット名誉所長
汐見 稔幸 先生 白梅学園大学 学長
榊原 洋一 先生 お茶の水女子大学大学院教授 チャイルド・リサーチ・ネット所長
沢井 佳子 先生 チャイルド・ラボ所長
佐藤 朝美 先生 東海学院大学専任講師
河村 智洋 先生 チャイルド・リサーチ・ネット外部研究員

Q.このところ、スマートフォンやタブレット端末などのインタラクティブメディアを小さい子どもに使わせることの是非が議論されていますが、皆さんどのようにお考えでしょうか?

榊原 私は「子どもにスマートフォンなどの新しいメディアを視聴させてはいけない」という風潮の根拠になっていると思われる論文等にひと通り目を通しましたが、子どもの言語発達に直接的に害を及ぼしたり、学力が低下すると断言しているデータや論文はありませんでした。新しいメディアに対する不安から、「スマートフォンは子どもの発育によくない」とする声もあるようですが、私自身は、常識的な使い方さえしていれば心配する必要はないと考えています。

座談会の様子(1)

小林 僕が子どもの頃は、漫画が一斉攻撃されていました。今では教材として使われこそすれ、漫画を読むことについて否定的な意見はほとんど聞きません。新しいメディアは一度は必ず批判のターゲットにされるものです。

汐見 ラジオが始まった時代は「子どもにラジオなど聞かせると生身のコミュニケーションができない子になる」といってラジオ反対運動が起こりました。それがテレビに移り、カラーテレビになると「映像に色がつくと想像力が欠如する」と言われたものです。その対象が現代ではスマートフォンにとって代わっているといえますね。

佐藤 例えばスマートフォンを子どもに渡しっぱなしにして、それに子守をさせるのは非常に問題ですよね。親子のコミュニケーションがなくなってしまいますから。

榊原 それは一種のネグレクトであって、決してやってはいけない使い方です。たまたま使っていたのがスマートフォンだったということであり、問題は使い方なのだと思いますね。

Q.では、どのような点に気をつけて、どの程度の時間、子どもたちをデジタルツールに接触させるのが適切ですか?

榊原 これはテレビの話になりますが、アメリカのある論文では、テレビをたくさん見せている家庭では、睡眠時間や食事時間が不規則になるというデータが紹介されています。論文ではこの原因を「子どもの時間管理ができない親」にあるのではないかと推論しています。また「長時間テレビを見ると言葉が遅れるか?」という別の調査によれば、家族と会話をしながらテレビを見ている家庭では、テレビ視聴時間の多寡は言語の発達にまったく影響がないことがわかっています。テレビだけでなく、インタラクティブメディアであるゲーム、スマートフォン等についても基本的には同じこと。大切なのは、おうちのかたの関わり方・使い方次第であり、子どもの生活習慣を常識的な範囲でコントロールできるかどうか、にかかっていると思いますね。

汐見 デジタルツールの接触時間については、年齢によっても異なりますが、起きている時間から考えれば、最大で2時間程度だと考えてよいと思います。

榊原 そうですね。乳幼児の1日の自由時間(睡眠、入浴、授乳<食事>、着替えなどを除く)を6時間と考えれば、その1/3にあたる2時間をメディアに接触してよいと考えるのが適当だと思います。もちろん、続けて2時間ではなく、15分で切るなど、休憩を入れながらの総計という意味です。

Q.子ども向けデジタルコンテンツは現在では多岐にわたっていますが、どんな内容のものを、どう活用すればよいのでしょうか?

沢井 私はデジタルツールのコンテンツ(中身)制作に関わっていますが、制作にあたっては、子どもの発達段階に非常に神経を使いつつ、制作チームで侃侃諤諤の議論を重ねながら作っています。私がいつも意識しているのは、それを使うことによって親子のコミュニケーションを活性化させ、「外へ出よう!」と誘って、自然と触れ合う機会をつくること。また、手指の巧緻性や全身の運動を促すコンテンツ制作にも積極的に取り組んでいます。2歳以上の視聴では、ただじっと画面を見て没頭する、といったものはほとんどありませんね。そういえば、数の概念の理解が困難だったダウン症のお子さんが、デジタル教材を使うことで飛躍的に理解できた、といった声はよく聞かれますよ。

榊原 アメリカでは、教育テレビ番組『セサミストリート』が子どもの言語発達に好影響があるというデータも出ています。ネガティブな面ばかりが強調されがちですが、メディア接触によるプラスの側面も、これからはしっかり見ていくことが大切です。

沢井 最近ではフェイスブックやツイッター、YouTubeなどのソーシャルメディアを使いこなす方も増え、これまでになかった現象が起きています。例えば、ある乳幼児向けツイストダンスを提供したときは、「うちの子はこんな風に踊ってるんですよ!」と、アップされた動画を全国の親子が共有し、つながって楽しんでいました。北海道のAちゃんが九州のBちゃんのダンスを見て真似をして踊り、それをまた動画にアップ、ママ同士がコメントを書き合うことによって、どんどん広まっていきました。これは乳幼児にとって、一種の観察学習にもなっていたわけです。つまり、こうしたメディアを使うにあたっては、接触時間を制限したり、セキュリティなどの安全性に配慮しつつ、いかに良質なコンテンツを選ぶかも、非常に重要だと思います。

Q.私たちは古いツールと新しいツールをどうとらえ、使えばいいとお考えでしょうか?

座談会の様子(2)

佐藤 デジタルツールについてずっと自問自答してきましたが、私はこれまでの子育てで大切に守られてきたことは、新たなメディアが現れても、本質的には変わらないと感じています。それが変わったり減ったりすることがあれば、おうちのかたがその都度判断し、選んでいけばいいのです。一方でデジタルツールには、今まで不可能だったことを可能にしてくれる側面もあります。自然の中で暮らし、昔ながらの生活をするのもいいかもしれませんが、人類の英知や文化を継承していく観点で見れば、やはり何か抜け落ちているような気がしてならないのです。

河村 わが家は小学1年生の娘がおり、仕事柄、iPad発売日に買い与えてしまいました(笑)。初めの頃こそ「新しいメディア」ということで夢中になって遊んでいましたが、次第に使わなくなり、今ではまったく遊んでいません。その時々で子どものブームもあるでしょうが、今では絵を描いたり、本を読んだりすることの方が楽しいようです。思うに、「新しいメディア」と恐れているのは大人だけであって、子どもにとってはいろんな道具の選択肢の中のひとつでしかないんだ、と実感しています。

汐見 文明の進歩によって生活は便利になりましたが、車や電車に乗るようになって私たちは歩くことが少なくなり、最近では歩ける子どももベビーカーやチャイルドシートに座っています。運動能力の低下が心配ですし、これでは体を使ってこそ得られる本質的な達成感や豊かな感性は磨けません。一方、佐藤先生方がおっしゃるようにデジタルツールにはこれまでにないメリットがあることも確かです。小学校の調べ学習ではインターネットを使い、防犯のために携帯電話も持たされる時代です。それにもう子どもからデジタルツールを全部取り上げることはできないでしょう。ではどうすればいいか? 今私たちに必要なのは、「古いツールも新しいツールも使いこなして上手に生きる」という哲学だと思うのです。体を使った外遊びも、デジタルツールも、どちらもできるようになることが大切だと思いますね。ただ、幼い頃ほど、体を使った活動をしっかりすることを意識しておくことは大事だと思います。デジタルに先に慣れると、体を使うことをおっくうがる可能性があるからです。

取材・文 永田久美子

ベネッセ教育総合研究所次世代育成研究室HOMEへ戻る TOPに戻る