[an error occurred while processing this directive]
ご意見・ご感想はこちらまで

小さな子どもとメディア
親と子のメディア研究会
研究会からのメッセージ
委員
汐見稔幸先生(委員長)
大日向雅美先生 榊原洋一先生
菅原ますみ先生 沢井佳子先生
駒谷真美先生 佐藤朝美先生
河村智洋先生
顧問
小林登先生
集合写真
汐見稔幸先生写真
親と子のメディア研究会委員長
汐見稔幸先生
白梅学園大学学長
専門は教育学、子どもの発達的人間学(教育人間学)、そして子ども学をベースにした育児学。

<主な著書>
『子どものサインが読めますか--子育て考現学』(女子パウロ会)
『0〜3歳 能力を育てる 好奇心を引き出す』(主婦の友社)など
メッセージ
ページの先頭へ
大日向雅美先生写真
大日向雅美先生
恵泉女学園大学大学院教授・学術博士
専門は発達心理学
NPO法人あい・ぽーとステーション代表理事・子育てひろばあい・ぽーと施設長
その他、「子ども・子育て新システム」幼保一体化WT座長などを務める。

<主な著書> 
『「子育て支援が親をダメにする」なんて言わせない』(岩波書店)
『母性愛神話の罠』(日本評論社)など
メッセージ
ページの先頭へ
榊原洋一先生写真
榊原洋一先生
お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科教授、小児科医。
東京大学付属病院小児科医長として発達障害をもつ子どもの医療に携わりながら、
発達のメカニズムを研究する。1990年より東京大学医学部講師を経て、現在に至る。
専門は、小児科学、小児神経学、発達神経学、国際医療協力、育児学

<主な著書> 
『子どもの脳の発達 臨界期・敏感期 早期教育で知能は大きく伸びるのか?』
(講談社+α新書)、『はじめて出会う育児の百科』(小学館)
メッセージ
ページの先頭へ
菅原ますみ先生写真
菅原ますみ先生
お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科教授
専門は発達心理学、子どものパーソナリティ発達、発達精神病理学
国立精神・神経センター精神保健研究所、家族・地域研究室長などを歴任

<主な著書> 
『個性はどう育つか』(大修館書店)、『0〜6才のしつけ百科』(主婦の友社)
メッセージ
ページの先頭へ
沢井佳子先生写真
沢井佳子先生
チャイルド・ラボ所長。
お茶の水女子大学大学院修了。専攻は発達心理学。
視聴覚教育メディアの設計と子どもむけ映像コンテンツの開発、
および認知発達支援を専門とする。フジテレビの幼児教育番組
『ひらけ!ポンキッキ』の心理学スタッフを務めたほか、
文教大学人間科学部講師を経て現職。流通経済大学講師を兼任。
メッセージ
ページの先頭へ
駒谷真美先生写真
駒谷真美先生
昭和女子大学 人間社会学部 初等教育学科 准教授
専門は、幼児教育・メディア教育・メディア心理学、 NHK放送文化研究委員

<主な著書> 
『わくわくメディア探検〜子どものメディアリテラシ〜』同文書院 ※3月刊行予定
Media Literacy Education for Japanese Pre-school and Elementary SchoolChildren 風間書房
メッセージ
ページの先頭へ
佐藤朝美先生写真
佐藤朝美先生
東京大学大学院情報学環助教
専門は、教育工学、学習環境デザイン
システムエンジニアと育児の経験を生かし、子どもを対象とした開発研究を行う。
構築したオンラインコミュニティ「親子de物語」で、第5回キッズデザイン賞を受賞。
子どもや親子、家族にとってのより良いメディア環境を構築する方法を模索。
メッセージ
ページの先頭へ
河村智洋先生写真
河村智洋先生
チャイルド・リサーチ・ネット外部研究員

<主な著書>
『ITと文明―サルからユビキタス社会へ』(NTT出版)共著
メッセージ
ページの先頭へ
小林登先生写真
親と子のメディア研究会顧問
小林登先生
ベネッセ次世代育成研究所所長。チャイルド・リサーチ・ネット所長。
東京大学名誉教授、国立小児病院名誉院長、日本子ども学会理事長、
日本母乳哺育学会名誉理事長、日本赤ちゃん学会名誉理事長。

<主な著書>
『育つ育てるふれあいの子育てー胎児期からの子育て学』(風涛社)、
『子どもは未来である』(岩波書店)ほか
メッセージ
ベネッセ教育総合研究所次世代育成研究室HOMEへ戻る TOPに戻る