ビッグデータを活用した教育研究の取り組み

「ビッグデータを活用した教育研究の取り組み」について

本研究の開始にあたって

これまで、私たちは、子どもたちの学習の様子を把握する際に、アンケートや観察のような形でデータを取ってきました。こうしたデータからわかることは、今までと変わらずたくさんあります。分析者にとってデータの構造がわかりやすく、結果を示すことが容易で、教育実践にも生かしやすい特徴を持っています。

そうした既存のデータに加えて、教育のデジタル化は、多様なデータの入手を可能にしました。デジタル教材からは、今、学習に取り組んでいる子どもたちの生の記録を、大量に入手できます。まさに「教育ビッグデータ」と言えます。

しかし、ビッグデータは、その特徴――3つのV=「Volume(データ量)」「Variety(データの多様性)」「Velocity(データの速度)」――ゆえに、取り扱いが難しく、教育実践への適用もこれからというのが実情です。その活用には教育のあり方を変える大きな可能性がありますが、現段階でわかることはまだ限りがあります。どう使えば学習者や指導者にとって有効か、その方法論自体が研究の対象です。 そこで私たちは、国内外の研究者や実践者とともに、効果的な学習のあり方を解明することを目的にして、デジタル教材から得られる学習記録の分析を行おうと考えました。さらに、その結果を学習者や指導者にフィードバックし、学びや指導を改善するための働きかけをしてまいります。

学習者にとって最適(アダプティブ)な内容を提供するのにデータを活用するのはもちろん大切です。しかし、つねに最適な内容を与えつづけ、受動的な学習を促しては意味がありません。目標を自分で定め、主体的に学習をし、その評価を次に生かすような自律的な学習者になるためにデータをどう活用するか、その方法を明らかにしたいと考えています。 その成果は、本ウェブサイトを通じて広く公表し、教育に携わる方々の実践に役立てていただく予定です。この新たな取り組みにご注目いただきますよう、お願い申し上げます。

プロジェクトリーダー
ベネッセ教育総合研究所 副所長 木村 治生


* * * * *


学習者に学びの智を

これからの学びを考えるとき、重要なのは学習コンテンツを提供することだけではありません。学習者がどういう学びを、どのようなプロセスで積み上げてきたのか。学習者自身が自らの「学習記録」を振り返り、自信をつけたり、課題や次の目標を見つけたりすることができる。そして、その目標に向かってどのように学習を設計していけばいいのかを考えることができる。そうした学びの智を、この研究を通じて学習者に提供することを目指します。

カリキュラム研究開発室 室長 中垣 眞紀


* * * * *


ビッグデータを糸口にした学びの科学

学習の量(時間)が多ければ多いほど、学習の質(学習スタイル)が良ければ良いほど学習効果があることは分かっています。しかし、最適な学習量であったり、学習の量から質への転換点がどこにあるかは、じつはよく分かっていません。その解明に迫るための糸口の1つが、学習記録のビックデータを活用した分析だと私は考えています。多種多様なビックデータから見えることは、意外にシンプルなことなのかもしれない。そんなことを考えながら本活動に取り組んでいきたいと思います。

初等中等教育研究室 研究員 岡部 悟志


●どんな研究をするの?

学習教材のデジタル化に伴い、ベネッセコーポレーションでは学習記録などのビッグデータを解析する専門組織「分析センター」を設立しました。この分析センターでは、小学1年生から高校3年生まで12学年の子どもの学習記録をもとに、学力や学習力を伸ばす方法の発見を行います。ここで明らかになった知見は、すべての教材・サービスの設計や改善に役立てられます。また、データを蓄積していくことで、現時点の子どもの状態を示すデータから将来の到達点を予測することが可能になります。その結果を、一人ひとりの子どもの目標づくりや意欲喚起に活用していく予定です。


【ベネッセコーポレーション・分析センター】

ベネッセコーポレーション・分析センター


ベネッセ教育総合研究所は、この分析センターと連携をし、学術的な視点からより良い学びのあり方について研究を行います。学習時間や時刻、学習方法や内容、目標の設定やふりかえりの状況、1問ごとの正誤やテストの結果、保護者や指導者のかかわりの程度など――それら学習記録を分析して、それらが学習成果にどのように結びついているのかを明らかにします。今までは把握しにくかった学習プロセスを可視化し、一般化できるエビデンスをウェブサイトや学会などを通じて広く公開して、教育関係者が利用できるようにいたします。

●教育実践にどう生かすの?

さらに、学校との共同研究により、教育実践の中でデータを活用するにはどうすればよいか、その方法の開発を行います。現在、当研究所が「包括的研究推進等に関する協定」を締結している岐阜市の協力の下、2校の中学校(7学級)・約250名の中学2年生を対象とした実証研究に着手します。ここでは、デジタル教材(進研ゼミ+)の利用により得られる生徒個人や学級・学校単位のデータを全国の数値と比較して学習上の課題をとらえ、教員の指導改善に貢献します。このように学校と家庭における双方の学習を結びつけ、可視化された記録を指導に生かす試みは、将来のデジタル化が進んだ学校教育のあり方について、一つのモデルを提示するものでもあります。


【共同研究の概要】

共同研究の概要


●データの取り扱いについて

ベネッセ教育総合研究所では、個人情報とは切り離した状態でデータの提供を受け、個人が特定できない状況下で、一般的な知見を抽出する目的で行います。学校との共同研究では、個人が特定できない番号をランダムに割り当て、その番号で情報のやり取りをします。このように、適切なデータの取り扱いについても、研究の一環に含めてまいります。



ページのTOPに戻る