「乳幼児の生活と育ち」研究プロジェクト

東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センター

東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センターとベネッセ教育総合研究所は、乳幼児の生活や発達について、縦断的に研究するプロジェクトを共同で立ち上げました。このプロジェクトは、お子さまの生活全般のご様子、保護者の皆さまの子育ての様子を複数年にわたって調査し、それらがお子さまの成長・発達とともにどのように変化するのかを明らかにします。 これにより、よりよい子育てのあり方やご家庭での働きかけについて検討することを目的にしています。

【新着情報】

 2017.09.11  進行状況(お知らせ) New


 2017.06.09  現モニターの方へのお知らせ


 2016.07.27  モニターにご応募いただいた方へのお知らせ


 2016.03.14  プロジェクトの進行状況のお知らせ


 2016.02.26  「乳幼児の生活と育ち」研究プロジェクトについて


 2016.02.26  モニターの新規登録


調査モニターや本研究プロジェクトで実施する調査に関するご質問などは、
下記にお問い合わせください。

フリーダイヤル 0120-787104 <通話料無料>

●10:00~17:30(12:00~13:00、土日祝日を除く)

●携帯電話からもご利用になれます。

●一部のIP電話からはつながらない場合がございます。

ページのTOPに戻る