Benesse
一人ひとりの「よく生きる」のために
ベネッセ サイトマップ
ベネッセ トップ教育トップ
ベネッセ教育総合研究所
Benesse発 2010年「子どもの教育を考える」
このコーナーでは、教育のあるべき姿をベネッセ教育研究開発センターと、皆さんと共に考え、創りあげていきます。
トップページ センター長メッセージ 特集 ビデオメッセージ 研究員リポート 子どものココロ・大人のキモチ USER'S VOICE ご意見・ご感想
『Benesse発2010年「子どもの教育を考える」』更新終了のお知らせ

『Benesse発2010年「子どもの教育を考える」』は、2010年3月31日をもって、更新を終了させていただきました。
これまでたくさんのアクセスをいただき、ありがとうございました。

トップページ > 特集 > 全国的な学力調査の意義と課題(2007) > 国語の学力調査にこめられた学校現場へのメッセージを探る

特集
全国的な学力調査の意義と課題

国語の学力調査にこめられた学校現場へのメッセージを探る

堀江祐爾先生 兵庫教育大学大学院学校教育研究科教授

 今回の全国学力・学習状況調査(以下、学力調査)では、これまでの国語のテストではあまり見られなかったグラフを扱った問題や2つの文章を比較して評価する問題などが登場した。これら新しい問題には、子どもの学力を測るという目的以外に、学校現場への重要なメッセージがこめられていると堀江祐爾先生は指摘する。具体的な問題を例に、どのようなメッセージがこめられているかということについてうかがった。

堀江祐爾先生
堀江祐爾先生
兵庫教育大学大学院学校教育研究科教授。
大阪教育大学大学院教育学研究科国語教育専攻修士課程修了。大阪府立上神谷高等学校教諭、愛媛大学教育学部助教授、兵庫教育大学学校教育学部教授などを経て、現職。
専門分野は国語教育学における授業論、学力評価論、読解読書論、日米比較研究。主な著書に『国語科授業再生のための5つのポイント−よりよい授業づくりをめざして』(明治図書出版)など。
学習活動を「習得型」「活用型」「探求型」の3つの枠組みによってとらえる

 今回の全国学力・学習状況調査(以下、学力調査)は、基礎知識を問うA問題と、活用する力を問うB問題(以下、A問題、B問題と表記)に分かれていることが実施前から話題になっていました。確かに問題冊子はAとBに分かれていますが、その特徴は、「習得型」「活用型」「探求型」という3つの学習活動との関係でとらえた方が理解しやすいだろうと私は考えています。

 「習得型」とは、基礎となる知識や技能を身につけるために、知識を教わったり、くりかえし練習したりして覚える学習のことです。これに対して「探求型」とは、「総合的な学習の時間」が代表的なもので、実際的な問題解決のために学んだことを使う学習です。この間にあるのが「活用型」の学習活動です。

 この関係はスポーツのクラブ活動にたとえるとわかりやすいと思います。「習得型」が練習で、「探求型」が本番の試合とすれば、試合に備えるために行う練習試合が、ちょうど「活用型」に相当します。「活用型」とは、実際の生活場面での問題解決まではいかないけれど、授業においてある課題に対して知識を活用する学習のことを指します。

 この「習得型」「活用型」「探求型」という3つの学習活動に対して、今回の学力調査のA問題は「習得型」と「活用型」の中間、B問題は「活用型」と「探求型」の中間に位置するように思います。A問題は、「習得型」の学習活動で身につけた知識・技能を問いながら、それが「活用」できるような形で身についているかどうかをみようとしています。知識や技能の力をみるのだけども、それは単なる知識や技能にとどまっていてはだめだということです。

 そして、B問題は、あくまで国語という教科で学ぶ力が活用できるかどうかをみているのですが、問題場面や素材は、実際に子どもが生活の中で出会うものが使われています。つまり、実際の社会生活における「生きる力」につながっていくことが意図されているのです。

図表1:「習得型」「活用型」「探求型」の学習活動とA問題・B問題との関係

図表1

 このことは、実際の問題を分析すると、よくわかります。小学校の問題を例に考察していきましょう。

 (1/3)
この記事に対するご意見・ご感想をお寄せください。
(募集は終了しました)
ご意見・ご感想を読む