Benesse
一人ひとりの「よく生きる」のために
ベネッセ サイトマップ
ベネッセ トップ教育トップ
ベネッセ 教育研究開発センター
Benesse発 2010年「子どもの教育を考える」
このコーナーでは、教育のあるべき姿をベネッセ教育研究開発センターと、皆さんと共に考え、創りあげていきます。
トップページ センター長メッセージ 特集 ビデオメッセージ 研究員リポート 子どものココロ・大人のキモチ USER'S VOICE ご意見・ご感想
『Benesse発2010年「子どもの教育を考える」』更新終了のお知らせ

『Benesse発2010年「子どもの教育を考える」』は、2010年3月31日をもって、更新を終了させていただきました。
これまでたくさんのアクセスをいただき、ありがとうございました。

トップページ > ベネッセ教育研究開発センター長メッセージ

新井センター長メッセージ
“社会につながる力”を身につけるために

 グローバル化や高度情報化など、 2010年に向けて、教育をめぐる環境は大きく変化しようとしています。
その中で私が最も大きな課題としてみているのは、今、子どもたちに身につけさせようとしている能力(学力)が、“社会につながる力”となっているかということです。
“社会につながる力”とは、たとえば単に計算が速くできるというだけではなく、日常の事象を数値的にとらえて課題を解決していけるかというような、一人の社会人として自立していくための能力のことです。

 OECDの国際学力調査(PISA)において、日本が順位を下げた要因は、日常の事象を考え、解決する、この“社会につながる力”の育成が十分ではなかった、という点にあります。日本のカリキュラムや指導の目的が教科中心で、この能力の育成を重視して組まれていなかったということです。
 この社会につながる力とは具体的にはどのような能力かについては、OECDのプロジェクトですでに定義されており、PISAで1位のフィンランドや、教育を最重要課題に掲げているイギリスなど、日本が今注目している各国では、それに基づいた教育の設計を行っています。多くの先進国の間では、社会に必要な能力に対して、共通の認識ができてきているわけです。

 教育改革が進められている中、これまでの課題をふまえて学習指導要領の改訂が行われ、日本の教育内容が定められて行くと思います。もちろん、学習指導要領がどう変わるかは重要ですし、その学習目標は達成しなければなりませんが、同時に、そのことだけに振り回されずに、もっと大きな視点、世界標準ともいうべき視点で教育を考えていく必要があると考えます。

これからの教育のあるべき姿を、皆さまといっしょに考え、創りあげていきたい。

 ベネッセ教育研究開発センターでは、エビデンス・ベースド(事実・根拠)という考えのもと、国内外で教育に関する綿密な実態調査を行い、その事実とデータに即した分析・研究の結果を情報発信するとともに、必要とされる教材、評価方法などの研究開発を行っています。
 例えば、これからの社会に必要とされる多様な能力にはどのようなものがあるかを調査・研究し、それらの能力育成方法および評価方法について、研究開発を行っています。また、これからさらに積極的な活用がのぞまれるICT(情報コミュニケーション技術)の分野でも教育への効果的な活用方法やその効果測定などの研究開発を積極的に推進しています。

 その中で、今回新たに立ち上げた『Benesse発2010年「子どもの教育を考える」』は、皆さまと一緒に創りあげていくことをコンセプトにしています。
 弊社の調査報告や有識者からの提言、そしてUSER‘S VOICEで募る皆さまからの声が有機的に作用し、今までにない創造的な“場”にしていきたいと考えています。皆さまとのキャッチボールを重ねることにより、骨太で、厚みのある議論が展開できると思っています。その議論が生み出す新たな気付きや発見が、これからの教育のあるべき姿へと集約されていければいいと考えているのです。
 そして、それらが教育の未来を変えていく、一つの大きな原動力となっていくことを願ってこのコーナーを立ち上げました。
 皆さまの参加をよろしくお願いいたします。

この記事に対するご意見・ご感想をお寄せください。
(募集は終了しました)
ご意見・ご感想を読む
株式会社ベネッセコーポレーション執行役員 ベネッセ教育研究開発センター センター長 新井健一