Benesse
一人ひとりの「よく生きる」のために
ベネッセ サイトマップ
ベネッセ トップ教育トップ
ベネッセ 教育研究開発センター
Benesse発 2010年「子どもの教育を考える」
このコーナーでは、教育のあるべき姿をベネッセ教育研究開発センターと、皆さんと共に考え、創りあげていきます。
トップページ センター長メッセージ 特集 ビデオメッセージ 研究員リポート 子どものココロ・大人のキモチ USER'S VOICE ご意見・ご感想
『Benesse発2010年「子どもの教育を考える」』更新終了のお知らせ

『Benesse発2010年「子どもの教育を考える」』は、2010年3月31日をもって、更新を終了させていただきました。
これまでたくさんのアクセスをいただき、ありがとうございました。

教育の第一人者からのビデオメッセージ 「2010年に向けて〜 教育への提言 」
第2回 生き生きパパ・ママ 〜子どもをのびのび育てるために〜
「2010年子どもの教育を考える」というテーマに対し、目白大学人間学部教授の小野寺敦子先生から大切にしたいキーワードを上げていただき、お話を伺いました。第2回目は「生き生きパパ・ママ 〜子どもをのびのび育てるために〜」です。

● 最近の保護者の方たちの子育てに対する変化を教えてください。

  お母様には、最近に限らず、育児ストレスの高さが問題になっています。また、子育て以外にも「何かやりたい」「子育てだけで終わりたくない」という若い世代のお母様が増えていて、とても良いことだと考えています。子育ての期間は、一生の中で捉えれば、そんなに長くはありません。子どもを育てる経験を通じて、次に自分は何をしたいのかを考えていらっしゃるようです。
 お父様で言えば、最近、積極的に育児に関わりたいという傾向が、さまざまな統計からも見られます。かつては、妻が子育て、自分は仕事、という性役割がはっきり分かれていましたが、自分も子どもに関わりたいという方が増えてきたのが、最近の傾向として上げられます。

● お母様が生き生きと生活するために、お母様自身が工夫できることはありますか?

 第1回でご紹介した「エゴ・レジリエンス」力も関わってきますが、子育てにおいては、自分のことを我慢して子どもと関わっていくという力も求められますが、それだけではなく、のびのびした子どもを育てるには、自分自身も自己解放するということが大切です。例えば、たまにパパにお子さんを預けてショッピングに行くとか、仲良しだった学生時代のお友達とランチに行くとか、子育ての中でも、自分を解放する工夫をすることが大切です。
 また、子育ては一生続くものではありません。人生の充電期間と捉えてみてはいかがでしょうか。子育てがひと段落したあと、どのような生活をしていたいかイメージしてみてください。それを実現するために、子どもがいてもできること、準備できることを見つけてみてはいかがでしょうか。今は、インターネットを通じてさまざまな情報を得ることができますから、そういった情報収集の時間にあてるのも大切だと思います。

● お子さんのどのようなところを見ながら、エゴ・レジリエンス力を働かせたらいいのでしょうか?

 子どもにも個性があります。2人子どもがいたら、同じ個性ということはなく、それぞれ違う個性があります。その子どもの個性や性格に合せて、働きかけをすることが大切です。例えば、親の言った一言に傷つきやすくて、「ママに怒られちゃった…」と思ってシュンとしてしまう子もいれば、「ママなんか平気だ!」と聞き流せる子もいます。自分の子どもがどういうタイプの子どもなのかを感じ取る力が、お母様に求められています。
 子どものタイプを感じ取るには、親の言った一言に、「子どもがどういう態度をとるか」にアンテナを立ててみることです。子どもは、親の様子を常に見ています。「ママ、今日は怒っているな」とか「ママ、今日は機嫌が良いんだな」ということを子どもなりに感じています。親の様子から、子どもも幸せを感じたり、暗くなったりします。子どもの感受性を察知しながら、親が関わるということが大切だと思います。
 さらに、子どもは「のびのびしている」ことが大切です。「のびのび」というのは、家の中で、安心して、嬉しかったことや嫌だったことを話せる、またそれが自然にできている、というのが「のびのびしている」ことをさすのだと思います。お母さんが暗くなっていると、子どもがお母さんの顔色を見て、「今日はママ、怒っているな。今日は静かにしておこう。今日こんな嫌なことがあったけど、今日は言わずに我慢しておこう。」と、子どもが気苦労してしまいます。これは心理的に不健全な状態といえます。そういったことが起こらないように、お母さん自身がどういう生き方をしていくかが大切だと考えています。

● お父様が子育てに関わるのには、どのような関わり方があるのでしょうか?

 子育てについて、父親の関わりと母親の関わりは異なる、と心理学では言われています。特に父親は、遊びを通して子どもに関わりがなされていることが、さまざまな心理学の調査データから見られます。一方母親は、日常生活の中で、ご飯を作るなどの子どもの世話を通じた関わりが多くなります。
 お父さんの遊びはダイナミックで奇想天外な体を使った遊びをしてくれるので、「パパが大好き」というお子さんが多いでしょう。一緒に公園に行って体をしっかりと動かしたり、想像力を育むという面で影響があります。

● 「のびのび」過ごせる家庭とするために、保護者の方はどのようなことを大切にしたらよいのでしょうか?

 ごくごく簡単なことですが、「ご夫婦が仲良くあること」これが一番大事だと思います。何か嫌なことがあったらご主人に相談でき、ご主人も妻の話に耳を傾ける、ということが日常となっているでしょうか。家族で食卓を囲んで、「今日はこんなことがあったんだ」「こんな嬉しいことがあったよ」「こんな嫌なことがあったよ」というようなことを話すことを日々心がけることが大切です。特効薬やマニュアルはありませんよね。
 夫婦関係が築かれていて、なんでも言いたいことが言える情緒的に安定した家庭であれば、子どもは「普通」に育っていきます。しかし、残念なことに、今の時代、「普通」であることが難しい時代になっています。様々な心的な問題を抱えている子どもが増えています。まずは基本的な生活を大切にする、言いたいことを言える、ということができていれば、子どもは「自分は親から大切にされているな」という思いを持つことができます。こういった思いが、この子の一生を支えていくことになります。日々の生活の中で、子どもに対する思いを伝えていく、ということが大切ですね。

(2009年2月16日収録)

この記事に対するご意見・ご感想をお寄せください。
(募集は終了しました)
  ご意見・ご感想を読む
小野寺 敦子先生
小野寺 敦子(おのでら あつこ)
目白大学人間学部教授
に親についての問題を心理学的に研究し、テーマとしては親意識の形成過程に関する研究 /父親と子ども/青年期の親子関係に関する日米比較/親に対するアンビバレントな感情/中年期の親子関係 など。その他主観的幸福感、ポジティブ心理学の研究もおこなっている。著書に『手にとるように心理学がわかる本』などがある。