第4回学習基本調査・高校生版
   PAGE 21/29 前ページ 次ページ

3.学校外の学習機会


   (1)学習塾・予備校の利用

放課後や日曜日に学習塾、予備校に通っているのは、時系列でみると第1回から一貫して増加しており、第4回では25.3%と4人に1人が利用している結果となった。塾の種類は「進学塾」がほぼ5割、「補習塾」が4割程度である。また週あたりの通塾日数は「2日」が38.8%ともっとも多く、8割ほどが3日以内となっている。


Q.あなたは今、放課後や休日に、学習塾や予備校へ行っていますか。
(そろばん、習字などの塾は除きます。自習教室は含めます)
【行っている人にうかがいます】
● 週に何日行っていますか。
● あなたの行っているのは、どんな学習塾(予備校)ですか。


図2-1-16 学習塾や予備校の利用率(時系列)
図2-1-17 学習塾や予備校の利用率(時系列・学校段階別)

 本項では、高校生の学校以外での学習機会について、「学習塾や予備校」「通信教育」「家庭学習教材」「家庭教師」などの利用度をたずねた。

 まず学習塾や予備校の利用率の時系列変化を図2-1-16に示した。第1回から比較すると、通塾率は一貫して増加しており、第4回では25.3%と4人に1人が利用している結果となった。しかし学校段階別での通塾状況を図2-1-17に示したが、これによると高校生の通塾率は小学生・中学生に比べ、依然として相対的に低いことが確認できる。このことから、高校生の学校外での学習機会は増加しつつも、学校または家庭での学習が中心である傾向は続いているといえる。


    PAGE 21/29 前ページ 次ページ
目次へもどる  調査・研究データ