第4回学習基本調査・高校生版
   PAGE 14/22 前ページ 次ページ

   (4)将来つきたい職業

将来つきたい職業名を具体的に書いてもらったところ、男女ともにもっとも多いのは、「学校の先生」であった(男子8.9%、女子8.2%)。つづいて、男子は「公務員」「研究者・大学教員」「医師」「薬剤師」「法律家」、女子では、「保育士・幼稚園の先生」「看護師」「薬剤師」「医師」となっている。資格や技能をもとに安定した職業を希望している。


Q.あなたが将来つきたい職業は何ですか。できるだけ具体的に記入してください。

表2-2-5 将来つきたい職業のランキング(性別)

 表2-2-5は、将来つきたい職業名を具体的に書いてもらった結果について作成したランキング表である。「無記入(空欄)」「未定」「なし」その他明確な職業名に分類できないものを除外している。男子でもっとも多いのは、「学校の先生」8.9%で、これに「公務員」5.5%、「研究者・大学教員」3.7%、「医師」2.8%、「薬剤師」2.4%、「法律家(弁護士・裁判官・検察官)」2.1%、「サラリーマン」2.1%が続いている。女子でもっとも多いのは「学校の先生」8.2%で、つづいて、「保育士・幼稚園の先生」6.2%、「看護師」5.6%、「薬剤師」3.0%、「医師」2.7%となっている。小学校、中学校段階の希望する職業と比較してみると、現実社会の職業構成を着実にふまえつつ、より安定し、かつ、学歴の有無との関連が明確な職業を思い描いていることがわかる(『第4回学習基本調査・国内調査報告書・小学生版』『同報告書・中学生版』参照)。

    PAGE 14/22 前ページ 次ページ
目次へもどる  調査・研究データ