第4回学習基本調査報告書・国内調査 小学生版
   PAGE 4/5 前ページ 次ページ

第2章の要約

■ 第1節 小学生の学習行動

 1 .学校での学習の様子

(1) 好きな教科
 「算数」が「好き」という回答比率が大幅に増加している。「総合的な学習の時間」も第3回より増加している。小学生が「好き」な教科のベスト・スリーは依然として、すべて実技教科で、「体育」「家庭」「図画工作」の順である。また、性別でみると、男子が「算数」「理科」「体育」が好きなのに対して、女子は「国語」「音楽」「家庭」が好きである(図2-1-1、表2-1-1)
(2) 授業の理解度
 「国語」「社会」「算数」「理科」の4教科に関する授業理解度の自己評価については、全般的に「わかっている」の回答比率が増加し、学校の授業がわかるようになってきているといえる。第1 回から第4回の16年間の変化をみると、「算数」の増加幅がもっとも大きい(図2-1-2、表2-1-2)
(3) 授業の受け方
 「黒板に書かれていなくても、先生の話で大切なことはノートに書く」「授業でわからないことは、あとで先生に質問する」などの回答比率が増加している。一方、「マンガをかいたり、文房具で遊ぶ」「近くの人とおしゃべりをする」などが減少している。授業中、逸脱行為が少なくなり、全体的に授業をまじめに受けている様子である(表2-1-3、4、5)
(4) 好きな学校の勉強方法
 「好き」の回答比率をみると、すべての項目で5割を超えている。もっとも回答比率が高いのは「パソコンを使ってする勉強」で、もっとも低いのは「考えたり調べたりしたことをいろいろ工夫して発表すること」である。成績の自己評価別でみると、すべての項目で、上位層のほうが下位層より「好き」の回答比率が高い(図2-1-3、4)

 2 .家での学習の様子

(1) 学校外での学習時間
 小学生の学習時間には個人差があるが、平均すると81.5分である。「ほとんどしない」と「およそ30分」を合計した比率は第1回28.5%→第2回32.3%→第3回40.3%であったが、第4回は33.1%と減少しており、小学生が学習に回帰している様子がみられた。大都市の中学受験予定者の増加、中学受験予定者がさらに勉強に向かったことが主な要因と考えられる(図2-1-5、6、7、8、9、表2-1-6、7)
(2) 家での学習の様子
 「あてはまる」と「まああてはまる」の合計比率の大きい項目は、「出された宿題をきちんとやっていく」(94.0%)、「勉強していてわからないことがあると、家の人に聞く」(88.9%)、「嫌いな科目の勉強も一生懸命する」(81.3%)と続く。時系列でみると、第1回から第4回の16年間で、小学生の家庭での学習態度は計画的でまじめな様子になっていることがうかがえる(図2-1-10、表2-1-8)
(3) 日常生活の中での「学習」
 日常生活の中での「学習」で、もっとも多かったのは「文学・小説・物語・童話などの本を読む」の74.6%、つづいて「読みたい本を本屋さんで探して買う」が71.1%、「家でペットや動物・植物の世話をする」が59.4%であった(図2-1-11、表2-1-9)
(4) 家庭環境
 「親に博物館や美術館に連れていってもらったことがある」(第1回65.9%→第4回54.9%)をはじめ、親とのかかわりが全体的に減少している。また性別にみると、勉強に対するプレッシャーや学歴期待は男子のほうが強く感じている(表2-1-10、11)

 3 .学校外の学習機会

(1) 学習塾の利用
 通塾している小学生は36.5%と4割弱に達し、第3回からの5年間で「進学塾」の割合が急増した。大都市では「補習塾」の14.1%に対して、「進学塾」が30.5%と2倍になっている。「進学塾」での学習時間が1日に3時間を超す小学生が約7割もいる(図2-1-12、表2-1-12、13、14、15)
(2) 習い事・おけいこ事
 習い事・おけいこ事のベスト・スリーは、「スポーツ」51.3%、「音楽」22.7%、「習字」16.2%であった。時系列での変化では、「そろばん」「習字」といった日本固有の伝統的な習い事の減少傾向に歯止めがかからない。また「スポーツ」は、第2回の41.5%と比べて10ポイント近くの大きな増加となっている(図2-1-13、表2-1-16)

 4 .メディアの利用

 「家でパソコンを使う」のは約7割、「学校でパソコンを使う」のは約9割であり、第2回と比較して2倍以上増えた。インターネットを使う機会も、第3回と比較して大きく増加している(図2-1-14)
   PAGE 4/5 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ