学習基本調査・国際6都市調査報告書
   PAGE 1/47 次ページ

第1章 国際6都市の小学生に関する意識・実態


第1節 学校での学習の様子


1.好きな教科

「国語」や「算数・数学」などの教科の「好き」の割合は、北京では8割を超えるが、それ以外の都市では5〜7割程度である。いずれの都市でも「体育」を「好き」と回答する割合が高く、全体として実技教科を好む傾向がみられる。
※初等教育で履修する教科は、国や都市によって異なる。そのため今回の調査では、その都市の実態に即して、教科の項目を設定した。したがって、それぞれの都市に共通している教科もあるが、異なる教科もある。また、都市によっては、履修する教科やその内容が学校によって異なるケースもある。

 Q.あなたは、次の教科や学習の時間の勉強がどのくらい好きですか。

表1-1- 1 東京のある小学校の時間割例(小学5 年生)
図1-1- 1 好きな教科(東京)
 図1-1-1をみると、もっとも人気が高いのは「体育」で、「好き」(「とても好き」+「まあ好き」の%、以下同)の割合は8割を超える。これに「家庭」(78.0%)、「図画工作」(77.3%)、「音楽」(70.8%)が続き、実技教科を好んでいる様子がわかる。実技教科以外では「理科」と「算数」の人気が高めで、いずれも6 割以上が「好き」と回答している。
これとは反対に文系教科では「好き」の割合が低く、「社会」では51.9%にとどまっている。
   PAGE 1/47 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ