学習基本調査・国際6都市調査報告書
   PAGE 38/47 前ページ 次ページ
表1-3-6 将来なりたい職業(ワシントンDC)
 最後にワシントンDCをみてみよう(表1-3-6)。男子のなりたい職業は、「フットボール選手」である。「バスケット選手」も第3位に入る。アメリカ合衆国はNFL 、NBAなどのスポーツリーグが国民的な関心事である。リーグで活躍する有名な選手がいるなかで、そのような選手を身近に感じ、あこがれる小学生が多いのだろう。「軍隊」を志望する小学生が多いのは、ワシントンDCの男子のもう1つの特徴といえる。「他に分類されない専門職」は「クロコダイルハンター」「オフロードバイクライダー」などであった。
  女子はどうだろうか。ロンドンと同様に第1 位は「医師」、第2位は「学校の先生」、第3位は「芸能人」である。女子でも、スポーツ選手(サッカー、バスケット、その他)や「スポーツトレーナー・インストラクター」になりたい小学生が多いのは欧米3都市の特徴といえそうである。「軍隊」が第14位にあがるが、女子ではワシントンDCのみ第20位以内に入る職業で特徴的といえる。
   PAGE 38/47 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ