学習基本調査・国際6都市調査報告書
   PAGE 40/47 前ページ 次ページ

第4節 メディアの利用状況

自分専用のパソコンの所有率はロンドン(55.0%)が、自分専用の携帯電話の所有率はヘルシンキ(93.0%)がもっとも高い。インターネットの利用状況については、「学校でインターネットを使って何か調べる」はロンドン(92.6%)が、「家でインターネットを使って何か調べる」はソウル(87.9%)がもっとも高い。

 Q.あなたの家のことについてお聞きします

図1-4-1 自分専用のパソコンを持っている図1-4-2 自分専用の携帯電話を持っている

 家庭環境についてたずねた項目の中で、パソコンと携帯電話の所有についてみてみると、「自分専用のパソコンを持っている」「自分専用の携帯電話を持っている」ともに、欧米3都市の「あてはまる」と回答する割合が高い傾向がみられた(図1−4−1〜2)。とくに、ロンドンでは「自分専用のパソコンを持っている」小学生は5割、ヘルシンキでは「自分専用の携帯電話を持っている」小学生は9割を超えている。「自分専用のパソコンを持っている」については、東京は12.8%で、もっとも低く、保護者の教育方針が反映されている可能性があると推測される。
   PAGE 40/47 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ