第4回学習基本調査・学力実態調査 ダイジェスト版
   PAGE 1/14 次ページ

学力実態調査の概要

 調査テーマ

学力に関する実態調査

 調査方法

学校通しの調査票による自記式調査(国語と算数/数学のテスト)

 調査時期

2006年11月

 調査対象

全国3地域[大都市(東京23区内)、地方都市(四国の県庁所在地)、郡部(東北地方)]の「学習に関する意識・実態調査」(2006年6〜7月実施)の対象者であった小学5年生と中学2年生。総受験者数は小学5年生2,446名、中学2年生1,723名。
教科別受験者数および両方受験者数
●小学5年生:国語2,432名、算数2,422名、両方受験2,408名
●中学2年生:国語1,698名、数学1,697名、両方受験1,672名
 ※1教科のみ受験した者がいるため、総受験者数と両方受験者数は一致しない。

 調査内容

出題教科/小学5年生 国語、算数(各45分)、中学2年生 国語、数学(各50分)
出題内容/p.3の「問題作成の方針」を参照。詳細は『第4回学習基本調査・学力実態調査報告書』の
        第1章(小学国語、算数)、第4章(中学国語、数学)を参照。
出題構成/各教科3大問構成とし、第1・2問を共通問題として出題し、第3問を学校単位で3パターンに
        分けて出題した。

出題構成および受験者数

出題構成および受験者数
   PAGE 1/14 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ