第4回学習基本調査・学力実態調査 ダイジェスト版
   PAGE 11/14 前ページ 次ページ
学力階層「上位」の中学生に多い学習方法のタイプをみると、苦手な科目を中心に、難しい問題をじっくり考え、自分で整理しながら勉強する傾向がある。

Q あなたの勉強の仕方を分類するとすれば、どんなタイプになると思いますか
   (1か2のどちらか近いほうの番号に○をつけてください)。

図5-3 学習方法のタイプ(国語・数学の学力階層別)
 中学生にのみ学習方法のタイプをたずねた。その結果から、学力が高い中学生ほど多く選ぶ学習方法があることが明らかになった。学力階層「上位」の中学生ほど、「市販の要点整理などを使う」よりも「自分で整理しながら勉強する」、「やさしい問題を数多く解く」よりも「難しい問題をじっくり考える」、「わからないところは、先生や友だちに聞く」よりも「わからないところは、自分で考える」、「得意な科目中心」よりも「苦手な科目中心」といった学習方法をとっている。
   PAGE 11/14 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ