小学生〜高校生の学力・学習について

授業と結びつけた家庭学習充実のための取り組みの在り方を探る
―学力向上のための基本調査2008・中間報告書より

報告書の概要

概要

「総合学力研究会」(事務局:ベネッセ教育研究開発センター)は、これまでの調査を通して、子どもに総合的な力を育成することの大切さ、そして、そのために教育力も総合的に発揮されることの大切さを検証してきました。そして、近年課題となっているPISA型読解力の向上についても総合的な学力育成と密接に関連する課題であることを示してきました。

今回の「学力向上のための基本調査2008」は、これからの学力向上の取り組みにとって授業改善と結びついた家庭学習の充実が大切なキーの一つという仮説をもとにしています。その取り組みに寄与する総合教育力の在り方を探ることに焦点を当て、授業水準の向上につながる家庭学習充実の取り組みの指針の提供を目指したものです。

調査時期

2008年5月後半〜6月初旬

調査対象

全国各地の公立小学校50校、公立中学校38校の児童生徒(約7,000名)とその保護者(約6,200人)、教師・校長(約2,020人)
※教師・校長の件数は、教師・校長調査のみ実施した学校を含む。


授業と結びつけた家庭学習充実のための取り組みの在り方を探る-学力向上のための基本調査2008・中間報告より

中間報告書の目次・詳細

PDF PDFダウンロード
(185KB)
PDF PDFダウンロード
(484KB)
PDF PDFダウンロード
(179KB)
PDF PDFダウンロード
(240KB)
PDF PDFダウンロード
(223KB)
PDF PDFダウンロード
(134KB)
PDF PDFダウンロード
(130KB)
PDF PDFダウンロード
(137KB)
PDF PDFダウンロード
(158KB)
PDF PDFダウンロード
(500KB)
PDF PDFダウンロード
(132KB)
PDF PDFダウンロード
(207KB)
PDF PDFダウンロード
(291KB)
PDF PDFダウンロード
(162KB)
PDF PDFダウンロード
(197KB)
PDF PDFダウンロード
(127KB)
PDF PDFダウンロード
(185KB)

全てをダウンロードする  

PDF PDFダウンロード
(2.8MB)

・基礎集計表

 

学習意識調査

PDF PDFダウンロード
(149KB)

教師調査

PDF PDFダウンロード
(191KB)

保護者調査

PDF PDFダウンロード
(141KB)

校長調査

PDF PDFダウンロード
(177KB)

学力向上のための基本調査 2008 本報告書