授業と家庭学習のリンクが子どもの学力を伸ばす -学力向上のための基本調査2008より

    PAGE 32/52 前ページ 次ページ

第3章 「教師の指導力」「家庭の教育力」「学校の経営力」と子どもの総合学力との関係
       −基本仮説の検証

3-3 校長の家庭学習充実に向けた校長の経営力について


ベネッセ教育研究開発センター主任研究員 田中勇作

はじめに

本章第1節では、「『教師の家庭学習指導力』が高いほど、その教師が担当する子どもの『家庭学習力』は高い」という作業仮説1について、また、同第2節では「『保護者の家庭学習支援力』が高いほど、その子どもの『家庭学習力』は高い」という作業仮説2について検証してきた。

本節では、そうした「教師の指導力」や「家庭の教育力」を最大化する機能として「校長の経営力」をとらえ、家庭学習力の充実に関わる校長の取り組みや働きかけの状況を通して、「『家庭学習充実に関する学校の経営力』が高いほど、その学校における『教師の家庭学習指導力』や『保護者の家庭学習支援力』は高い」という作業仮説4ならびに作業仮説5について探っていくこととする。

1.校長の家庭学習充実に向けての取り組み状況と子どもの教科学力および家庭学習力との関係

さて、第2章6節でも述べられたように、先行する「基本調査2004」では、校長の学力向上に向けた4つの観点(Management :基本方針の設定と共通理解の促進、Organization :組織・体制の強化と充実、Resource :教育資源の充実と有効活用、Education :教育課程の整備・充実)からの取り組みが「教師の指導力」や「家庭の教育力」の向上を促し、総合教育力向上における要となっていることを検証した。今回の「基本調査2008」においても、同じ枠組みを踏まえ、家庭学習充実に向けての校長の取り組みと教師の家庭学習指導力や保護者の家庭学習支援力の関係を見ていく。その前に、まず家庭学習充実に向けての校長の取り組みの度合いと子どもたちの教科学力や家庭学習力との関係について確認してみたい。

図表3-3-1は、第2章6節で紹介した家庭学習充実に向けた校長の取り組みに関する調査項目(Management :基本方針の設定と共通理解の促進)に対する回答状況によって、小学校校長を肯定群(「とてもあてはまる」「どちらかといえばあてはまる」と回答)と否定群(「どちらかといえばあてはまらない」「まったくあてはまらない」と回答)に分け、それぞれの群に属する各校長が勤務する学校における子どもたちの教科学力スコアならびに家庭学習力スコアを比較したものである。なお、両スコアの算出の仕方、図表の見方は本章第1節で示した図表3-1-3に準じている。また、ここでもクロス集計の単位を変更したため、「基本調査2008」中間報告書の図表の数値とは異なっていることを付記しておく。

     PAGE 32/52 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ