東京大学共同研究「学校教育に対する保護者の意識調査2008」
   PAGE 1/9 次ページ
 ◆分析編◆

 第1章 学校教育に対する保護者の期待と満足
      学校段階に着目して

佐藤 香(東京大学)



 小学校と中学校とでは、学校教育に対する保護者の期待の構造が異なっている。中学校よりも小学校の保護者のほうが多様な期待をもつ傾向があり、逆に、中学校の保護者は焦点を絞った期待をもつ傾向にある。また、公立の小学校の保護者は基礎的な学力と受験学力とを明確に区別して認識している。

 満足度については、全般的に中学校よりも小学校の保護者で満足度が高い傾向が認められた。中学校の保護者では、とくに学力にかかわる満足度が低い点が指摘される。ただし、中学校では、満足度の高い保護者は学校のどの側面でも満足しているとみることができる。

 学校教育に対する満足度は、全般的には期待が高いほど高い。保護者の満足度を高めるためには、まず期待をもってもらう必要があると考えられる。



 1.背景と目的

 学校をめぐる近年の社会的問題の1つとして、保護者の学校への対応や意識が着目されている。この問題は、端的には「クレーマー(保護者クレーム)」や「モンスターペアレント」と呼ばれる保護者の存在として語られることが多い。

 嶋崎(2008)によれば、学校に対する保護者のクレーム問題が増加したのは1990年代半ば以降で、とくに2000年代半ばからは困難な事例が全国的に急増しているという。小野田(2006、2007)は、こうした傾向の背景として「教育改革」の影響をあげている。一連の教育改革によって、学校は「商品としての教育」の質の向上を求められ、バウチャー制や学校選択制という形で変革を迫られるようになっている。この風潮が学校教育を「消費する対象」としてとらえ、学校に対する要求を拡大させ続ける保護者を増加させているという。広田・角(2008)では、「モンスターペアレント」の意識として、「お客様」意識、「納税者」意識、「弱者」「被害者」意識、義憤、の4つをあげている。小野田のいう「商品としての教育」と、広田・角のいう「お客様」意識や「納税者」意識とには、通ずるものがある。

 確かに、「モンスターペアレント」と呼ばれるような保護者は、その対応を余儀なくされている教員の心身を疲弊させ、教育現場を混乱させているに違いない。その意味では、きわめて喫緊の課題といえよう。けれども、これらの保護者は一部の限られた人々であり、大多数の保護者は「クレーマー」でも「モンスター」でもないという事実を忘れてはならない。ただし、うえでみた小野田と広田・角による共通点は重要である。「クレーマー」でも「モンスター」でもないとしても、教育改革が進展するなかで、多くの保護者が「商品としての教育」の質の向上を求め、「お客様」意識や「納税者」意識をもっていると考えることができるからである。

 黒崎(1994)は、私立中学受験ブームと関連して、伝統的な規範にもとづく公立学校制度のありかたが「学校に対する親と子どもの期待と関係者の努力との間にスレ違いを引き起こし」、それが保護者の公立学校への不信、ひいては私学ブームに結びついているのではないかという問題提起をおこなっている。ここで指摘された公立学校制度の伝統的な規範は、その是非は問わないにしても、その後の教育改革のなかで相当程度まで緩和されたといえるだろう。つまり、学校に対する親と子どもの期待に応えることが、従来の学校よりも容易になっているはずである。そうであるとすれば、現在の学校にとって、親の期待すなわちニーズを、いかに正確に把握するかということが、最も重要な課題となるだろう(1)

 学校に対する保護者のニーズを把握することが重要だという認識は、たとえば、2004年にベネッセ未来教育センターと朝日新聞社が共同で実施した「学校教育に対する保護者の意識調査」にもみることができる。今回、私たちが共同研究を行った「学校教育に対する保護者の意識調査2008」も、この延長線上にある。

 学校に対する保護者の意識は、一般に、保護者の性別、学歴など学校経験、経済的ゆとり、子どもの数など、属性的要因によって異なることが知られている。山下・岡田(2007)はこの点に着目し、「学校教育に対する保護者の意識調査」(2004)のデータをもちいてクラスター分析によるターゲット・プロファイリングをおこなっている。具体的には、東京都区部在住の小学校2 年生の子どもの母親、116名の保護者を対象として、4タイプ――「非干渉型ヤングママ」「心配性キャリアママ」「子育てビギナー教育ママ」「生活切迫型パートママ」――の保護者像を抽出し、とくに「生活切迫型パートママ」で教師に対する信頼度が低いことを示唆している。

 以上をふまえ、本章では、学校教育に対する保護者の期待と満足度に焦点をあてて、それが小学校と中学校とでどのように異なるのか、期待と満足度との関係はどうなっているのかについて検討をおこなう。


(1)保護者のニーズを重視するからといって、それが「お客様(保護者)は神様」を意味するものではないことは、もちろんである。広田・角(2008)が指摘しているように、現在の「モンスターペアレント」問題の背景には、教員を「単なるサービス労働者」としてとらえる社会的なまなざしがある。学校教育を教員と保護者の「協働の場」とするためには、学校側が保護者のニーズを重視すると同時に、教員の職務の自律性や専門的判断の根拠を明確にすることの双方が必要であろう。

   PAGE 1/9 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ