放課後の生活時間調査−子どもたちの時間の使い方[意識と実態] 速報版

    PAGE 16/22 前ページ 次ページ

4.時間に関する意識

(1)増やしたい時間

6割以上の高校生が、睡眠時間も勉強時間も増やしたい


「増やしたい」と回答する割合が高いのは、小学生は、「友だちとすごす」時間(約6割)、「外で遊ぶ・スポーツをする時間」(約5割)であり、中・高校生では、「睡眠時間」(約6割)、「勉強時間」(中学生約5割、高校生約6割)である。また、学校段階が上がると、「家族とすごす」時間や「友だちとすごす」時間を「増やしたい」割合が減り、「1人ですごす」時間を「増やしたい」割合が増加する。

Q.次のような時間を増やしたいと思いますか。

図4-1:増やしたい時間

注1 「増やしたい」の%。

     PAGE 16/22 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ