放課後の生活時間調査−子どもたちの時間の使い方[意識と実態] 速報版

    PAGE 19/22 前ページ 次ページ

4.時間に関する意識

(4)心や身体の疲れ

多忙感・ストレスは中学生になると急増する

学校段階が上がるにつれて、多忙感やストレスを「感じる」(とても+わりと)という回答が増加する。とくに小学生から中学生になると急増する項目が多く、「疲れやすい」「あきっぽい(集中力がない)」「やる気が起きない」「自分に自信が持てない」の4項目でそれぞれ10ポイント以上増えている。

Q.あなたは次のように感じることがありますか。

図4-4:心や身体の疲れ

「とても感じる」+「わりと感じる」の%。

     PAGE 19/22 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ