放課後の生活時間調査−子どもたちの時間の使い方[意識と実態] 速報版

    PAGE 21/22 前ページ 次ページ

5.将来の生活

(2)日本社会について

中・高校生の7割前後が、日本社会が「悪くなる」と予測

これからの日本社会が「良くなる」(とても+まあ)と考えている割合は、小5生は約半数であるが、小6生は4割、中1生は3割と下がり、中2生〜高2生では2割台と低い。また、「とても良くなる」の比率は、どの学校段階でも6%未満であるのに対して、「とても悪くなる」は小5生で1割、中・高校生では約2割と、子どもたちはネガティブな予測をしている。

Q.これからの日本社会が、良くなると思いますか、悪くなると思いますか。

図5-2:これからの日本社会について

無回答・不明を省略しているため、数値を合計しても100%にはならない。

     PAGE 21/22 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ