放課後の生活時間調査−子どもたちの時間の使い方[意識と実態] 速報版

    PAGE 9/22 前ページ 次ページ

2.基本的な生活時間

(6) 人とすごす時間

学年が上がるにつれて、友だちとの時間や1人の時間が増加する


小学生は、平日、母親と約4時間、父親や友だちと約2時間をいっしょにすごしており、1人ですごしている時間は短い。一方、高校生は、友だちと約2時間半、1人で約2時間をすごし、家族以外との時間を多く持っている。性別でみると、女子は男子に比べて、母親や友だちとすごす時間が長く、中・高校生で差が広がる。

Q.ふだん(学校がある日)、次の人と1日にどれくらいの時間をすごしていますか。

図2-13:人とすごす時間(性別・平均時間)

注1 「人とすごす時間」には、学校の授業の時間や睡眠時間は含まれていない。
注2 平均時間は、「ほとんどない」を0分、「4時間」を240分、「4時間より多い」を300分のように置き換えて、「いない・一緒に暮らしていない」と無回答・不明を除いて算出した。

     PAGE 9/22 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ