ベネッセ教育総合研究所 「生きる力」を育むための新しい学習活動を考える
─児童・生徒の成長の姿を通して─

「生きる力」を育てるための活動の課題と解決の方向

これからの学校教育を考えるフォーラム
パネルディスカッション

●コーディネーター
大阪教育大学助教授 田中博之
●パネリスト
群馬県赤堀町立東小学校 徳江基行校長先生
山形県村山市立楯岡中学校 今野栄治先生
岡山県早島町立早島小学校 渡辺英信先生
京都府京都市立御所南小学校 西孝一郎先生
滋賀県彦根市立鳥居本中学校 久保田重幸先生

田中: 今日のパネルディスカッションでは4つのテーマを決めています。
 1つ目は「『生きる力』を学校でどうとらえていくか」。2つ目は「『生きる力』を育てるための手立てや工夫」。カリキュラムあるいは時間割の組み方など、具体的な日々のいろいろな指導・支援の手立てについて考えていきます。3つ目は、その手立ての中でも少し限定して、地域の人材あるいは教員のいろいろな組織、「人材をどう確保していくか」。最後は、ベネッセ文教総研「新しい学力を育む研究会」による調査結果から、「今後の取り組み」を考えていきたいと思います。

T 「生きる力」を学校でどうとらえるか

U 「生きる力」を育む手立て・工夫

V 人材をどう確保するか

目次へ


© Benesse Holdings, Inc. 2014 All rights reserved.