小学生の夏休み調査 −小学生の保護者を対象として−

    PAGE 3/16 前ページ 次ページ

1. 夏休みの生活

家庭での学習時間は1時間程度

 夏休み中の生活のようすを調べてみると、学年の違いだけでなく、性差でも特徴がみられるものがありました。たとえば、「屋外で遊ぶ・スポーツをする」は、高学年の女子で時間が減少します。「テレビゲームや携帯ゲーム機で遊ぶ」時間は高学年の男子だと1時間半以上を費やしています。
■図1-3 遊びの時間(1日あたりの平均時間)
図1-3 遊びの時間(1日あたりの平均時間)
 家庭学習の時間は、学年による違いがそれほど大きくありません。「夏休みの宿題をする」時間は、30分前後というところです。また、「宿題以外の勉強をする」時間は、低学年で20分、高学年でも30分前後でした。両方を合わせて、家庭学習時間は1時間程度というのが一般的です。
■図1-4 家庭学習の時間(1日あたりの平均時間)
図1-4 家庭学習の時間(1日あたりの平均時間)

* 「夏休みの宿題をする」は、調査票では「学校の宿題(夏休みの宿題)をする」と表記している。

 夏休み中の通塾率は、低学年で1割台、高学年で3割前後。ふだんと比べて増加するというわけではないようです。

*図1-3、1-4、1-6(P.4)の平均時間は、「しなかった」を0分、「4時間」を240分、「4時間より多い」を300分のように置き換えて算出した。

■図1-5 通塾率(夏期講習)
図1-5 通塾率(夏期講習)

*数値は、「夏休みの間、お子様は、学習塾(夏期講習)に通いましたか。習い事(そろばん、習字、英語など)は除きます。プリント教材の教室は含めます。」という設問で、「通った」と回答した%。

           
     PAGE 3/16 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ