小学生の夏休み調査 −小学生の保護者を対象として−

    PAGE 9/16 前ページ 次ページ

3. 夏休みの宿題

自由研究のテーマは「図工系」が最多

 「自由研究」に取り組んだのは75.2%と4人に3人の割合にのぼります(P.8を参照)。テーマは「図工系」が最多ですが、低学年に多く、学年が上がるとともに減少します。高学年になると、「理科・実験系」や「社会系」が増えたり、女子では「家庭科系」の課題に取り組む割合が増えたりします。
■表3-2 自由研究のテーマ
表3-2 自由研究のテーマ

*夏休みの宿題に「自由研究」が出たと回答したケースのみ対象。

試行錯誤の自由研究

 テーマをどう決めればよいか悩むという声がたくさん聞かれました。また、子ども一人ではできないので、どれくらい親が手伝えばよいのかということに悩む方も多いようです。
母親の声

やり遂げることが大切

 自由研究に取り組むことは、成長のよいきっかけになります。ものごとをじっくり考える機会が得られた、達成感を得て自信がついた、といった変化を感じる母親もたくさんいました。
母親の声
           
     PAGE 9/16 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ