第4回学習基本調査報告書
   PAGE 7/8 前ページ次ページ

第3節 学校行事

 「運動会(体育祭)」はほとんどの小・中学校で行われている。小学校では「遠足」「文化祭(学芸会、音楽会)」が、中学校では「文化祭」「合唱などのコンクール」「校外での宿泊を伴う行事(修学旅行、林間学校など)」が、それぞれ8割以上の学校で行われている。 【Q11(教員)】

 完全学校週5日制の教育課程下にあって学力低下の懸念が社会問題となってきたここ数年、それぞれの学校では、授業時数の確保のために教育課程の工夫をしたり、教育課程外に学習の時間を設けたりする取り組みを行ってきている。しかし、それでもなお、「学校行事にあてる時間が十分にとれない」「学校行事を減らさざるをえない」といった悩みをしばしば耳にする。では、現在、小・中学校ではどのような学校行事をどの程度実施しているのだろうか。02年調査と比べて変化がみられるのだろうか。

 小・中学校でどのような学校行事が年に何回行われているかを、図2-3-1図2-3-2からみていこう。なお、学校行事は学年によって行われているものや回数が異なるため、その実施状況については教員調査でたずねている。そのため、回答者が主として受け持っている学年での学校行事の回数をまとめたものなので、それぞれの学校の特徴をそのままあらわしているとはいえないことを前もって断っておく。また、以下各項の小・中学校の学年別実施状況の記述と、02年調査からの変化の記述においては図表は省略している。

 1.遠足

 小学校では53.9%が「年に1回」、33.0%が「年に2回以上」(「年に2回」+「年に3回以上」の%、以下同)行っている。「やっていない」という回答は11.5%である。学年別には小1生の5.1%から小6生の19.9%までどの学年でも「やっていない」という回答があることから、遠足をまったく行っていない小学校が数パーセントはあるのではないか。

  中学校では41.9%が「年に1回」行っているが、47.9%とほぼ半数が「やっていない」と回答している。学年による違いを考慮しても、半数近い中学校で遠足は行われていないようだ。また、小・中学校ともに学年が上がるにつれて実施回数が減っている。これは後にみるように、上級学年では「校外での宿泊を伴う行事」が行われる割合が高くなることと関係しているのだろう。
図2-3-1 学校行事の実施状況(小学校教員)(n=1,872)
図2-3-2 学校行事の実施状況(中学校教員)(n=2,109)
   PAGE 7/8 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ