第4回学習基本調査報告書
   PAGE 1/7 次ページ

第8章 教員の日常生活

第1節 学校で過ごしている時間

小・中学校ともに教員の退勤時刻が遅くなっており、学校にいる時間も増加傾向にある。また、学校にいる時間は、教職経験年数が短いほど長く、性別では女性より男性で長い。   【Q3-A〜C(教員)】
 2006年に全国規模としては約40年ぶりとなる教員の勤務実態についての調査が行われ、小・中学校教員の残業時間や持ち帰り時間の多さが話題となった。とりわけ中学校教員では、勤務日1日あたりの残業時間(夏季休業期を除く)は2時間強に達している(東京大学『教員勤務実態調査(小・中学校)報告書』2007)。

 ところで、この10年間、あるいは5年間で教員の生活時間はどのように変化したのだろうか。本節では教員の日常生活について、1日の時間の使い方からその特徴を描いてみよう。はじめに学校で過ごしている時間についてみていく。

 1.小・中学校ともに教員の退勤時刻が遅くなっている

 まず、出勤時刻についてみてみよう。経年比較可能な中学校教員について変化をみると、出勤時刻が早まっていることがわかる(図8-1-1)。97年調査と比べて、「1時間前ごろ」「それ以上前」の回答が増加し、平均時刻は始業時刻の38.4分前と97年調査から約10分早まっている。

 次に、退勤時刻の変化をみると、教員の退勤時刻が遅くなっていることがわかる(図8-1-2)。退勤時刻を経年比較すると、小学校教員では98年調査、02年調査においては「6時ごろ」の回答がもっとも多かったが、07年調査では「7時ごろ」になった。退勤の平均時刻は、98年調査が6時10分、02年調査が6時29分、07年調査が6時53分、と約10年間で43分遅くなっている。

 他方、中学校教員においては、「8時ごろ」「8時半ごろ」の回答が増加した。97年調査では「8時ごろ」以降(「8時ごろ」+「8時半以降」の%)の回答は16.3%と2割に満たなかったのに対して、07年調査では39.6%と約4割に達した。退勤の平均時刻は、97年調査の6時45分から、07年調査の7時25分と40分遅くなった。

 全体として、教員が学校にいる時間が長くなっている様子がうかがえ、教員の多忙化を裏づける結果となった。
図8-1-1 出勤時刻(小・中学校教員/経年比較)

図8-1-2 退勤時刻(小・中学校教員/経年比較)
   PAGE  1/7 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ