第5回学習指導基本調査(高校版)・ダイジェスト版

    PAGE 4/16 前ページ 次ページ

1.生徒とその家庭背景

8割の教員が生徒の「学習意欲の低さ」「義務教育での学習内容の未定着」に悩んでいる
普通科C・Dグループでは9割を超える

 約8割の教員が、「生徒の学習意欲が低い」「義務教育段階の学習内容が定着していない生徒が多い」ことに悩んでいる。
 とくに、普通科C・Dグループ、総合学科、専門学科において、悩みを抱える教員が9割前後と高い。

Q.あなたは、次のような悩みをどれくらい感じていますか。【教員調査】

図1−1.生徒に関する教員の悩み(全体)

図1−1.生徒に関する教員の悩み(全体)

注1)〔 〕内は「とてもそう思う」+「まあそう思う」の%。
注2)教員の悩みについてたずねた15項目のうち、生徒に関する5項目のみを示した。

表1−1.生徒に関する教員の悩み

表1−1.生徒に関する教員の悩み

注1)「とてもそう思う」+「まあそう思う」の%。
注2)教員の悩みについてたずねた15項目のうち、生徒に関する5項目のみを示した。
注3)赤字は全体よりも5ポイント以上、赤字+赤アミカケは10ポイント以上高いものを示す。
注4)青字は全体よりも5ポイント以上、青字+青アミカケは10ポイント以上低いものを示す。

     PAGE 4/16 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ