第2回 小学校英語に関する基本調査(教員調査)
   PAGE 1/20 次ページ

第2部 おもな調査結果

第1章 英語活動の実施・指導者・内容

1. 英語活動の実施状況

高学年では、ほぼすべての学校で英語活動を実施している。一方で、1〜4年生の実施率は低下している。とくに中学年での減少幅が大きい。「総合的な学習の時間」での実施が困難になったこと、学校裁量の時間の減少などが背景にある。

Q 貴校では、何らかの形で外国語(英語)活動を行っていますか。

図2−1−1 英語活動の実施の有無(経年比較)〈教務主任〉
図2−1−1 英語活動の実施の有無(経年比較)

Q 外国語(英語)活動は何年生で実施していますか。

図2−1−2 英語活動の実施率(学年別 経年比較)〈教務主任〉
図2−1−2 英語活動の実施率(学年別 経年比較)
注1)英語活動を「行っている」学校(2006年n=3,292、2010年n=2,374)のみ対象。
注2)「外国語(英語)活動は何年生で実施していますか。また、その活動の教育課程上などの位置づけは何にあたりますか」という問いで、1つでも○がついていれば、その学年で英語活動を行っているとみなした。
◆英語活動の実施率
 英語活動の実施状況をみると、06年調査は94.0%の学校が実施していたのに対し、10年調査は99.6%の学校が実施している(図2−1−1)。数ポイントではあるが増加がみられ、新学習指導要領への移行措置期間にあたる今年(2010年)度は、ほぼすべての学校で英語活動を実施している。
 学年別の実施状況をみると、10年調査では、低学年約65%、中学年約80%、高学年ほぼ100%である(図2−1−2)。
 06年調査と10年調査を比較してみると、低学年では約80%から約65%に、中学年では約95%から約80%に減少している。低・中学年で実施率が低下しており、なかでも中学年での減少幅が大きいことがわかる。
 なぜこのように低・中学年における実施率の大幅な減少がみられたのだろうか。英語活動の年間時数、教育課程上などでの位置づけの変化とあわせて、06年調査以降の実施率の変化の背景をみてみたい。

Q 外国語(英語)活動は年間どれくらい行っていますか。

図2−1−3 英語活動の年間時数(学年段階別 経年比較)〈教務主任〉
図2−1−3 英語活動の年間時数(学年段階別 経年比較)
注1)英語活動を「行っている」学校(2006年n=3,292、2010年n=2,374)のみ対象。
注2)2010年調査では各学年の年間時数を実数でたずねている。それに対し、2006年調査では低学年、中学年、高学年の年間時数を実数でたずねている。2006年調査に合わせるため、1年生と2年生、3年生と4年生、5年生と6年生の時数の平均を算出し、上記のように区分した。
◆英語活動の年間時数
 10年調査の結果から、英語活動の平均授業時数をみると、低学年6.8時間、中学年11.9時間、高学年33.1時間である。06年調査と比較すると、低学年および中学年では平均時数が減少し、高学年では倍増している(図2−1−3)。
 高学年の増加は、新学習指導要領において5、6年生で年間35時間(週1時間相当)実施と定められたことが大きな要因である。2010(平成22)年は新学習指導要領への移行措置期間にあたり、「第5学年及び第6学年においては、総合的な学習の時間の授業時数を各学年ごとに35単位時間まで外国語活動に充てることができる」(文部科学省通知 20文科初第386号より)と定められている。分布をみると、高学年では「35時間」実施が72.7%、「35時間以上」が4.3%と、来年からの全面実施に備え、移行措置期間中から時数や体制を準備している学校が多いようだ。
 低・中学年の平均時間の減少は、おもに英語活動の実施率が低下したこと(「0時間」の増加)の影響が大きい。
   PAGE 1/20 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ