第2回 小学校英語に関する基本調査(教員調査)
   PAGE 15/20 前ページ 次ページ

第6章 英語活動の条件整備と課題

1.英語活動の条件整備

活動の時間数、ALTなどの外部協力者、教材、カリキュラム、研修などの条件は06年調査に比べて改善されている。

Q 外国語(英語)活動を行ううえで必要となる条件などについて、 貴校の状況は十分だと思いますか。

図2−6−1 英語活動の現状(経年比較)〈教務主任〉
図2−6−1 英語活動の現状(経年比較)
注1)「十分である」+「どちらかといえば十分である」の%。
注2)英語活動を「行っている」学校(2006年n=3,292、2010年n=2,374)のみ対象。
 活動の時間数、ALTなどの外部協力者、教材、カリキュラム、研修などの条件は06年調査に比べて改善されている(図2−6−1)。
一方、「保護者や地域の人たちの協力」「外国語(英語)活動に使える予算」「ALTなどの外部協力者との打合せの時間」「中学校との接続・連携」「教材の開発や準備のための時間」などは、「十分である」「どちらかといえば十分である」 が約2割またはそれ以下となっている。
   PAGE 15/20 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ