都立専門高校の生徒の学習と進路に関する調査

    PAGE 1/9 次ページ

第4部 高校卒業後の進路・将来展望

 第1章 専門高校における職業的レリバンス意識と進路不安
      ―教育内容の習得度とその学校外活用機会の多寡に着目して―

小山 治(東京大学大学院特任助教)

  <要約>
  • 専門高校において教育内容の職業的レリバンス意識が高まることは、進路不安に対して功罪をもたらす。功の側面として、職業的レリバンス意識が高まると、「どんな仕事をしたいかよくわからない」という進路不安が低減する。罪の側面として、職業的レリバンス意識が高まると、「将来、社会でうまくやっていけるか不安だ」という進路不安が増大する。
  • 職業的レリバンス意識が高まることが進路不安に対してもたらす功罪は、教育内容の習得度やその学校外活用機会の多寡によって顕在化したり、顕在化しなかったりする。
  • 職業的レリバンス意識と進路不安の結びつきは、進路不安に関する個別の変数によって異なっている。また、教育内容の習得度やその学校外活用機会の多寡という前提条件を踏まえると、専門高校においては、職業的レリバンス意識を高めさえすれば、進路不安が低減するという単純な図式は成り立たない。

1. 問題設定

本稿の目的は、専門高校の生徒を対象にして、教育内容に対する職業的有効性の認識(以下、職業的レリバンス意識と略記する)が高まることが進路不安に対してもたらす功罪は何かという問いを明らかにすることである※1

2000年代以降、キャリア教育の推進により、高等学校段階でも生徒の将来像を念頭に置いた自己理解の推進、職場体験の重要性、教育内容(学習)の有用性の認識の向上が社会的な注目を集めている(たとえば、文部科学省 2004)。こうした社会的背景を踏まえると、専門高校は将来の職業・仕事を念頭に置いた中等教育機関であるという意味で、意図的か無意図的かにかかわらず、従来から実質的なキャリア教育を行ってきた先行事例として位置づけることができるだろう。実際、専門高校の生徒は、普通科高校の生徒と比べて、教育内容の職業的レリバンスを認知していることが明らかにされている(伊藤2006)。

このように、専門高校は、職業的レリバンス意識の形成という視点からみると、一見、望ましい教育を行っているようにみえるかもしれない。しかし、大桃(2009)は、専門高校において共同実践型授業に熱心に取り組むことが「将来、社会でうまくやっていけるか不安だ」という進路不安を高めてしまうという逆説を指摘している。ここから推測すると、専門高校において職業的レリバンス意識が高まることが生徒の進路不安に対してもたらす功罪2つの側面を実証的に明らかにしておく必要があると考えられる※2。職業的レリバンス意識が高まることを無批判に「望ましい」ことであると自明視するのではなく、当該意識の向上がどのような進路不安を低減し、どのような進路不安を増大してしまうのかという点をひとまず把握しておくことで、職業的レリバンス意識が高まることのメリットとデメリットの双方を明らかにできるだろう。

その際に、本稿では、先行研究で使用されてきた進路不安に関する変数を個別に丁寧にみていくことにする。なぜなら、後述するように、先行研究では進路不安に関する合成変数を作成し、それを従属変数とした分析が行われているが、合成変数の内的整合性を示すアルファ係数は必ずしも高くないからである。本稿の分析によれば、先行研究が用いてきた進路不安に関する変数を個別に分析してみると、それらの変数と職業的レリバンス意識との結びつきは異なっていることが明らかになる。また、本稿では、単に職業的レリバンス意識と進路不安の関係性だけをみるのではなく、その前提条件として、教育内容の習得度とその学校外活用機会の多寡に着目した分析を行う。分析の結果、そうした前提条件によって、職業的レリバンス意識と進路不安の関係性が異なっていることが明らかになる。

本稿の構成は次の通りである。2節では、高校生の進路不安に関する先行研究の知見を確認し、その問題点を整理・検討する。3節では、先行研究の検討を踏まえて、仮説の設定を行い、その検証に必要な変数の設定を行う。4節では、職業的レリバンス意識を独立変数とし、進路不安を従属変数とした分析を行う。5節では、分析結果をまとめて、その含意を指摘し、残された課題について言及する。

<注>
※1 本田(沖津)(2000: 166)は、職業的レリバンスを「時間面では将来的であるが,主に社会,特に経済システム=産業界が(教育内容に対して:引用者補足)期待する有効性」であると定義している。本稿では、仕事の世界へ移行する前の高校生を対象としているため、職業的レリバンス自体ではなく、職業的レリバンス意識を問題にする。

※2 なお、高校生時点で進路不安を抱くことは当然であり、問題はないという見方もあるかもしれない。しかし、高校生のパネル調査データを分析した元治(2008)によれば、「着地不安」(本稿でいう「進路不安」)が高校3年時から高卒3年目にかけて増大する者は男女ともに60%以上にもなることが明らかにされている。したがって、高校生時点で進路不安を抱くことに問題はないという見方を単純素朴に受容することは適切でないと考えられる。

     PAGE 1/9 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ