グローバル教育研究室

調査・研究データ

第1回 中学校英語に関する基本調査(教員調査)・速報版 [2008年]

関連タグ:

クリップする

報告書を一括ダウンロードする。

≫PDFダウンロード

GET ADOBE READER

※内容をご確認いただくためにはAdobe Readerが必要です。

報告書の概要

調査テーマ

公立中学校における英語教育の実態と教員の意識

調査方法

郵送法による質問紙調査

調査時期

2008年7月~8月

調査対象

全国の公立中学校の英語教員3,643名
(配布数 9,322通、回収率 39.1%)
*全国の公立中学校の、英語科の主任に回答を依頼した。

調査項目

<指導や活動について>
指導形態、外国語指導助手(ALT)の授業参加頻度、外国語指導助手(ALT)の授業への関わり方、 等
<教員の意識や自己研鑽>
研修参加状況、役に立った研修、受けたい研修、自己研鑽、悩み、英語科の教員として重要なこと、英語を指導する際に大切にしていること
<小学校英語について>
小学校英語の経験がある生徒の割合、小学校英語との関わり、小学校英語の効果などに対する意見、小中連携について

調査結果をもとに行った、中学校の英語の先生による「座談会」も合わせてご覧ください。

速報版の目次・詳細

 

1.指導の実態

 英語の使用割合・指導と活動の割合

 指導方法

 指導で重要だと思うこと・実行していること

 教材

 宿題

 

2.指導に関する教員の意識

 生徒のつまずき

 悩み

 受けたい研修と自己研鑽

 英語科の教員として重要なこと・英語の指導で大切にしていること

 

3.小学校英語との関わり

 校区の小学校英語との関わり

 小学校英語についての考え

 

調査企画・分析メンバー

「2010年子どもの教育を考える」内に担当研究員からの、詳細レポート記事が掲載されております。

 

ページのTOPに戻る