グローバル教育研究室

調査・研究データ

韓国の高校生はどのように英語を学んでいるのか?
「東アジア高校英語教育GTEC調査2006」二次調査 報告書

関連タグ:

クリップする
GET ADOBE READER

※内容をご確認いただくためにはAdobe Readerが必要です。

報告書の概要

本調査は、2006年度に日本と韓国の2ヵ国で実施した「東アジア高校英語教育GTEC調査2006」の結果をもとに、二次調査として2008年3月に韓国にてインタビューおよびアンケート調査を実施したものです。

調査テーマ

・「東アジア高校英語教育GTEC調査2006」において、韓国が好結果であった要因を探り、日本の英語教育の今後のあり方を考察する
・韓国の英語教育の最新動向(小学校英語教育、アセスメント、教育政策など)を探る

調査項目

<生徒>
日常生活での英語使用経験/英語に対する意識/学校外での英語学習/これまで(就学前、小学生時、中学生時)の英語学習/現在の英語学習 等 
<教員>
学校での英語教育(授業の内容、授業以外の取り組み、入試の影響等)/生徒の英語使用経験/生徒のこれまでの英語学習/生徒につけさせたい英語力 等

調査時期

2008年3月24日(月)~26日(水)

調査地域

韓国・ソウル市およびその近郊

調査対象

学校数:4校、生徒(高2):20名、英語教員 :4名

調査報告書の目次・詳細

PDF PDFダウンロード
(444KB)
 

1.はじめに

昭和女子大学教授 緑川日出子

2.生徒調査の結果

東京外国語大学専任講師 長沼君主

3.教育調査の結果

昭和女子大学教授 緑川日出子

PDF PDFダウンロード
(861KB)
 
PDF PDFダウンロード
(1.2MB)

資料編

 

1.調査対象校の学校概要
2.調査票見本(生徒用)
3.調査表見本(教員用)
4.インタビュー調査項目(生徒)
5.インタビュー調査項目(教員)
6.基礎集計表(生徒)
7.GTEC for STUDENTSのスコア・グレードについて
調査企画・分析メンバー

PDF PDFダウンロード
(1.5MB)
 

ページのTOPに戻る