[an error occurred while processing this directive]
ご意見・ご感想はこちらまで

小さな子どもとメディア
親と子のメディア研究会
考えるヒントがいっぱい!Q&A コーナートップへ
2.メディアとの上手な付き合い方

Q9

乳幼児のテレビ番組を選ぶとき、親が注意することは何ですか?

Q10

テレビやビデオ・DVDを消すと大泣きをします。うまく消すコツはありますか?

Q11

夫がテレビばかり見ているので、子どもも一緒に見てしまいます。どうしたらよいでしょうか?

Q12

子どもがテレビゲームやポータブルゲームで遊んで、なかなかやめません。ルールをどう決めて守らせたらいいですか?

Q13

友達が見ているビデオ・DVDやゲームを家でも見たがったり使いたがったりして、困っています。 どうしたらよいでしょうか?

Q14

ニュースなどを見ているとき、急に刺激の強い場面が出てきます。親はどうしたらよいでしょうか?
1.メディアとの上手な付き合い方

Q9

乳幼児のテレビ番組を選ぶとき、親が注意することは何ですか?

A9

子どもに見せていい内容かどうか事前にチェック。
特に夜9時以降の番組は要注意です。
  子ども向けの番組にもさまざまな内容のものがあるので、子どもが見ていい番組を、親が選んであげることが大切です。ひどい言葉遣いや、急に大音量になるなど、大人が不快に感じるものは子どもにもよくありません。また、テレビは突然暴力シーンが出てくることもあるので、日ごろから危ないと思われる番組をチェックしておく必要があります。

  そして、夜9時以降は、子どもに配慮した放送局の番組規制がなくなり、大人を意識した番組が中心となり、暴力シーンやセックスシーンなど、子どもには見せたくない場面も多くなります。したがって、小さい子どもがいる家庭では、夜9時以降のテレビ視聴には慎重さが求められます。とはいえ、おうちの方がテレビ番組を禁止しても、友だちから話を聞いたりして、子どもが見たがるケースも出てきます。いつまでも子どもを無菌状態のままにはできません。そんなときは、おうちの方の価値観を示すチャンスです。親子で一緒に見ながら、その番組について親がどのように感じているかを伝えることも必要です。「こういうことはしてはいけないのよ」と説明しながら、一緒に見てあげるとよいと思います。
 3歳を過ぎると親の善悪の判断を絶対的なものととらえ、生真面目に守ろうとします。45歳になると親の判断をベースに自分で考え始めますが、やはり見ていい番組や時間帯のルールは親の判断が基本。子ども自身が徐々に選択できる力をつけることが大切です。
ベネッセ教育総合研究所次世代育成研究室HOMEへ戻る TOPに戻る