[an error occurred while processing this directive]
ご意見・ご感想はこちらまで

小さな子どもとメディア
親と子のメディア研究会
考えるヒントがいっぱい!Q&A コーナートップへ
2.メディアとの上手な付き合い方

Q9

乳幼児のテレビ番組を選ぶとき、親が注意することは何ですか?

Q10

テレビやビデオ・DVDを消すと大泣きをします。うまく消すコツはありますか?

Q11

夫がテレビばかり見ているので、子どもも一緒に見てしまいます。どうしたらよいでしょうか?

Q12

子どもがテレビゲームやポータブルゲームで遊んで、なかなかやめません。ルールをどう決めて守らせたらいいですか?

Q13

友達が見ているビデオ・DVDやゲームを家でも見たがったり使いたがったりして、困っています。 どうしたらよいでしょうか?

Q14

ニュースなどを見ているとき、急に刺激の強い場面が出てきます。親はどうしたらよいでしょうか?
1.メディアとの上手な付き合い方

Q10

テレビやビデオ・DVDを消すと大泣きをします。うまく消すコツはありますか?

A10

「見る時間」と「消す理由」を事前に子どもに説明し、
生活にリズムを作りましょう。
 今まで見ていたテレビを突然消されると、子どもは当然怒って泣き出すでしょう。まず、テレビを見せる前に、子どもに「見る時間」と「その後消す理由」をきちんと説明しましょう。23歳児でも、根気よく説明を続けていけばわかるようになります。4歳になると、「なぜ」だめなのかという理由を理解できるようになります。説明してもわからない12歳児の場合には、日によってテレビを消すタイミングがバラバラにならないよう、習慣化に気をつけましょう。テレビ・ビデオ・DVDの時間、お風呂の時間、睡眠の時間、と生活全体にリズムを作るとよいと思います。

  また、事前の予告なしにテレビを消さなくてはいけない場合は、「なぜ消すのか」をその場で子どもに説明することが大切。理解できない、あるいは泣いてしまう子どもの場合は、消した後に子どもの気分転換ができるような代わりの楽しみを与えてあげると、スムーズに次の行動へ移れるようになります。それでも子どもが大泣きをする場合は、無理に泣きやませようとしなくてもいいでしょう。子どもを放っておくのではなく、子どもに共感を示した声かけをしたり、上手に気分を変えられるような遊びを取り入れることが大切です。
ベネッセ教育総合研究所次世代育成研究室HOMEへ戻る TOPに戻る