[an error occurred while processing this directive]
ご意見・ご感想はこちらまで

小さな子どもとメディア
親と子のメディア研究会
考えるヒントがいっぱい!Q&A コーナートップへ
2.メディアとの上手な付き合い方

Q9

乳幼児のテレビ番組を選ぶとき、親が注意することは何ですか?

Q10

テレビやビデオ・DVDを消すと大泣きをします。うまく消すコツはありますか?

Q11

夫がテレビばかり見ているので、子どもも一緒に見てしまいます。どうしたらよいでしょうか?

Q12

子どもがテレビゲームやポータブルゲームで遊んで、なかなかやめません。ルールをどう決めて守らせたらいいですか?

Q13

友達が見ているビデオ・DVDやゲームを家でも見たがったり使いたがったりして、困っています。 どうしたらよいでしょうか?

Q14

ニュースなどを見ているとき、急に刺激の強い場面が出てきます。親はどうしたらよいでしょうか?
1.メディアとの上手な付き合い方

Q14

ニュースなどを見ているとき、急に刺激の強い場面が出てきます。親はどうしたらよいでしょうか?

A14

子どもを抱きしめたり、子どもの気持ちを受けとめて言葉で表したり、安心感を与え不安を和らげるケアをしましょう。
 親子でニュースなどを見ているとき、災害や事故、事件など、急に刺激の強い場面が出てくることがあります。その音や映像、親の反応に子どもが不安や恐れを感じることがあります。子どもの場合、なぜたいへんなことが起こったのか理解するのが難しかったり、不安や恐れなど自分の感情を言葉でうまく表せなかったりするため、受けた衝撃をなかなか和らげることができません。そこで、親が子どもを抱きしめて安心感を与え、「怖かったね」「たいへんだったね」など子どもの気持ちを代弁して、「大丈夫よ」などの声をかけてあげることで子どもの気持ちの揺れを整えることが大切です。
 また、ふだんから、大人たちが意識的に、子どもが刺激の強い内容を見たり聞いたりしないようにすることが必要でしょう。
ベネッセ教育総合研究所次世代育成研究室HOMEへ戻る TOPに戻る