高等教育研究

高等教育研究について

設立背景

高等教育研究は、高等教育を中心に「高大接続」や「大社接続」領域における学習者の学び・成長と、それを促進する教育の在り方についての研究・開発を担当します。
乳幼児から社会人まで幅広い領域を研究対象とするベネッセ教育総合研究所の「出口」を担う研究室です。


目的使命

つい最近まで最新だったはずの技術や考え方が、あっという間に陳腐化し新しい価値が要請される。こうした現実を、私たちは日々目にしています。今後一層進む激しい社会変化の中で、私たちは自ら課題を発見し、探求し、解決していく、しなやかな学び手であり続けることが益々求められています。

こうした変化に対して高等教育はどのように指導と学びを変え、その成果を評価し、次の指導と学びにつなげていくのか。高等教育研究では、初等中等教育段階までの子どもの成長を見据えながら、社会という大海原に繰り出す一歩手前である高等教育機関が果たすべき役割や可能性を研究・開発し、教育現場の課題解決に役立つ提言を行っていきます。

また、社会との接続の観点から、目指す高等教育や実態を他の学校段階にも積極的に発信していくことを通じて、今と未来の日本の教育をより良くしていくための議論の場も提供していきます。

研究領域・研究テーマ

学び続ける力を獲得・強化する高等教育の環境を科学し、社会との接続を見据えた高等教育改革の在り方を提案していきます。

主な研究・活動テーマ

  • 学習者の主体性を引き出す要因と学生の意識・行動の変容を促す支援のあり方の研究
  • 高等教育における<目標-指導-評価>の一体的運用に関する方法論の開発
  • 職業教育を通じた学び・成長・社会への移行の在り方に関する研究
  • 社会で学び続ける人材の能力要件に関する研究
  • 社会との接続をみすえた教育の在り方を考えるプロジェクト など

高等教育改革の今日的テーマを捉えた各種の研究・開発を行っていきます。

研究員

木村 治生 (きむら・はるお) 主席研究員
ベネッセコーポレーション入社後、子ども(乳幼児~大学生)、保護者、教員を対象とした意識や実態の調査研究、学習のあり方についての研究、教育市場(産業)の調査などを担当。文部科学省や経済産業省、総務省から委託を受けた調査研究にも数多く携わる。東京大学客員准教授(2007、2014-16)、横浜創英大学非常勤講師(2018-)、文部科学省「中高生を中心とした子供の生活習慣づくりに関する検討委員会」委員(2013)、「中高生を中心とした生活習慣マネジメント・サポート事業」における選定委員会委員(2017)、光り輝く「教育立県ちば」を実現する有識者会議委員(2014)、富山県学力向上対策検討会議アドバイザー(2014)、草加市子ども教育連携推進委員会専門部会委員(2014-)など。専門は社会調査、教育社会学。

佐藤 昭宏 (さとう・あきひろ) 主任研究員
子ども・保護者・教員を対象とした実態調査や教育市場、学習方略の自発的利用に関する調査研究・開発を担当。近年は文部科学省の委託事業や、大学・専門学校における教育の質向上に関する実践研究にも複数携わる。文部科学省「専修学校版デュアル教育推進事業」(2016~2018)、「職業実践専門課程等を通じた専修学校の質保証・向上の推進事業」(2017~)事業推進委員。経団連「採用と大学教育の未来に関する産学協議会(Society 5.0人材育成分科会)」委員(2019)。関東学院大学非常勤講師(2019~)。「わかる・役立つ教育学入門」(共著, 大月書店, 2018年)。

ページのTOPに戻る