初等中等教育研究室

調査・研究データ

東京大学社会科学研究所・
ベネッセ教育総合研究所共同研究
「子どもの生活と学びに関する親子調査2018」

関連タグ: 小学生 中学生 高校生 意識 調査 学習時間 勉強時間 父親・母親の関わり 学習学習 生活習慣 子ども調査 保護者調査 パネル調査

クリップする

報告書を一括ダウンロードする。

≫PDFダウンロード

GET ADOBE READER

※内容をご確認いただくためにはAdobe Readerが必要です。

関連調査ラインナップ

「子どもの生活と学びに関する親子調査」

「高校生活と進路に関する調査2018」

「子どもの生活と学びに関する親子調査2017」

「中学1年生親子インタビュー調査2016」

「子どもの生活と学びに関する親子調査2016」

「子どもの生活と学びに関する親子調査2015」

「高校生活と進路に関する調査」ダイジェスト版 [2015]

「小中学生の学びに関する実態調査」速報版 [2014]

調査の目的


本調査は、東京大学社会科学研究所・ベネッセ教育総合研究所共同研究「子どもの生活と学び」研究プロジェクト(親子パネル調査)の第4回調査(Wave4)です。

このパネル調査では、「子どもの生活・学習・人間関係・価値観」などの意識・実態や「保護者の子育て・教育」の意識・実態が、「子どもが身につけている力」や「自立」の程度とどのように関連しているのか、また、それらが高校卒業時点での「自立」にどのようにつながっていくのかを明らかにしていきます。

この第4回調査(Wave4)では、「生活」をはじめ、「学習」「人間関係」「親子の
かかわり」などを調査し、「自立」の基礎が、どの成長段階でどのくらい身について
いるのか、 第1回調査(Wave1)との比較を通して、その実態や課題を分析しました。

調査の概要


●調査テーマ 
【子ども調査】子どもの生活と学習に関する意識と実態
【保護者調査】保護者の子育て・教育に関する意識と実態
※第4回調査は「生活」について詳しく尋ねています。


●調査方法
郵送による自記式質問紙調査


●調査時期
2018年7~9月


●調査対象
全国の小学4年生から高校3年生の子ども12,809名、小学1年生から高校3年生の保護者18,217名
※このプロジェクトの「調査モニター」(19,715組の親子)全員に調査票を配布。


●調査項目
【子ども調査】

起床・就寝時刻/生活時間/生活習慣/お手伝い/遊び場/1年間の経験(行動・感情)/メディア利用/アルバイト/学校生活/勉強の好き嫌い/文系か理系か/ 学習時間/好きな教科や時間/部活動/習い事/学習塾/進学・留学への意識/成績の自己評価/保護者との会話/保護者とのかかわり/友だち・先生・祖父母・近所の人などとのかかわり/ 学習・思考・行動・人間関係の得意・苦手/自信/社会への関心/将来の目標/なりたい職業など

【保護者調査】
子どもとのかかわり/大切さを伝えていること/家庭での約束やルール/習い事/学習塾/教育費/子育てや教育の情報源/おこづかい/読み聞かせ/教育観/悩みや気がかり/進学への意識/ 保護者自身のふだんの生活(趣味、社会活動など)/保護者自身の自立度など/教育や日本社会への意識など

※上記以外に、子どもの属性、保護者の属性に関する項目を尋ねている。
※小学1~3年生は、子どもの項目の一部を保護者が回答している。

 

ページのTOPに戻る