学会発表

学会報告・講演
2023年度

報告者
(〇は登壇者)

タイトル

学会

年月

岡部悟志

家庭背景と小中移行期の学校適応

第96回日本社会学会大会

2023年10月

○木村治生・○松本留奈・○岡部悟志

学校と家庭における子どものICT機器の使用実態
―小中高生を対象にした調査結果から―

日本教育社会学会第75回大会

2023年9月

木村治生

入学者選抜と中学・高校時代の学びの関連―JLSCP(パネル調査)データを用いた分析

日本子ども社会学会第29回大会

2023年6月

2022年度

報告者
(〇は登壇者)

タイトル

学会

年月

小野田亮介・鈴木雅之・
篠ヶ谷圭太

親の関わりに対する子どもの認知と学習動機づけの相互関係
「子どもの生活と学びに関する親子調査」のデータを用いた縦断的検討

日本発達心理学会
第34回大会

2023年3月

〇木村治生、松本留奈

小学生のメディア利用時間の変化―大規模継続調査によるコロナ禍前後の検討

日本子ども学会第18回学術集会

2022年10月

濱田秀行・秋田喜代美

小中高校生の読書活動に対する新型コロナウイルス感染症の影響:パネル調査分析から

日本読書学会第66回大会

2022年9月

〇大野志郎、〇田島祥、〇森いづみ、〇王帥、〇佐藤昭宏

初等中等教育におけるメディア利用と学習成果との関連―子どもの生活と学びに関する親子調査より(ワークショップ)

社会情報学会2022年大会

2022年9月

田島祥

メディア利用が学業成績に及ぼす影響-小学生,中学生,高校生を対象とした親子パネル調査の二次分析-

日本社会心理学会
第63回大会

2022年9月

2021年度

報告者
(〇は登壇者)

タイトル

学会

年月

大﨑裕子

コロナ禍における中高生と保護者の社会意識:子どもの生活と学びに関する親子調査(JLSCP)から

東アジア日本研究者協議会第5回国際学術大会,企画パネル「COVID-19パンデミック下の日本社会の経験と社会科学研究」
(オンライン開催)

2021年11月

2020年度

報告者
(〇は登壇者)

タイトル

学会

年月

大﨑裕子

学校信頼の規定要因に関する基礎的分析──「子どもの生活と学びに関する親子調査」から──

第70回数理社会学会大会
@慶応義塾大学(オンライン開催)

2021年3月

Ishida, Hiroshi

Compensatory Advantage in Early Educational Attainment Process: Do Advantaged Families Compensate for the Impact of Negative Events on Achievement?

IV ISA Forum of Sociology,
virtual conference

2021年2月

野﨑友花

子どもの生活と学びプロジェクトについて-調査設計、調査対象・内容、特徴と課題

第20回パネル調査・カンファレンス(慶應義塾大学パネルデータ設計・解析センター主催)
(オンライン開催)

2020年12月

須藤康介

ゲーム時間が成績と睡眠時間に与える影響-JLSCP2015-2019データを用いて-

日本教育社会学会第72回大会
(オンライン開催)

2020年9月

石田浩

出身家庭の社会経済的環境と子どもの発達―「子どもの生活と学びに関する親子調査(JLSCP)」の分析―

日本教育社会学会第72回大会
(オンライン開催)

2020年9月

2019年度

報告者
(〇は登壇者)

タイトル

学会

年月

岡部悟志

親子パネル調査(JLSCP2015-2018)のサンプル脱落の実態とその特徴

第92回日本社会学会大会
@東京女子大学

2019年10月

○岡部悟志・木村治生・邵勤風・橋本尚美・野﨑友花

中学生のマインドセットが学習成果に与える影響―JLSCPを用いて―

日本教育社会学会第71回大会
@大正大学

2019年9月

大﨑裕子

進路希望に関する親子の意識の分析―JLSCP2015-2018 をもちいて―

日本教育社会学会第71回大会
@大正大学

2019年9月

○邵勤風・木村治生・橋本尚美・岡部悟志・野﨑友花

学習方略が学習成果に与える影響―JLSCPの分析から―

日本教育社会学会第71回大会
@大正大学

2019年9月

○野﨑友花・木村治生・邵勤風・橋本尚美・岡部悟志

母親の就業と親子のかかわり―JLSCPの分析から―

日本教育社会学会第71回大会
@大正大学

2019年9月

○橋本尚美・木村治生・邵勤風・岡部悟志・野﨑友花

子どもの生活習慣が学習意識・行動に与える影響―JLSCPの分析から―

日本教育社会学会第71回大会
@大正大学

2019年9月

Osaki, Hiroko

Comparison between Children's and Parents' Educational Aspirations Based on Longitudinal Dyadic Data

The 8th Conference of the European Survey Research Association
@University of Zagreb

2019年7月

2018年度

報告者
(〇は登壇者)

タイトル

学会

年月

大﨑裕子

パネルデータをもちいた親子の教育アスピレーションの分析

第67回数理社会学会大会
@立命館大学

2019年3月

橋本尚美

『子どもの生活と学び』研究プロジェクト-親子パネル調査について-

東大社研パネルシンポジウム2019 第二部:シンポジウム「東大社研とパネル調査」
@東京大学

2019年2月

○岡部悟志・木村治生・邵勤風・橋本尚美

中学生のマインドセットと学習・進路希望―JLSCP2017調査より―

日本教育社会学会第70回大会
@佛教大学

2018年9月

○橋本尚美・木村治生・邵勤風・岡部悟志

子どもの勉強の好き嫌いの変化とその要因―JLSCP2015-2017調査より―

日本教育社会学会第70回大会
@佛教大学

2018年9月

2017年度

報告者
(〇は登壇者)

タイトル

学会

年月

香川めい

家庭での親子の相互関係と学業成績
――JLSCPデータを用いて

第90回日本社会学会大会
@東京大学

2017年11月

須藤康介

アクティブ・ラーニング型の授業方法の適応と格差
―JLSCP2015-2016データを用いて

日本教育社会学会第69回大会
@一橋大学

2017年10月

○橋本尚美・前馬優策・松浦加奈子・濱沖敢太郎・邵勤風

小中移行期の勉強の好き嫌いに関する子どもの認識枠組みの解明
―JLSCP2015-2016 追跡インタビュー調査より―

日本教育社会学会第69回大会
@一橋大学

2017年10月

岡部悟志

親のかかわりと子の学習(JLSCP2015-2016)
―親の認識と子の認識、短期効果と長期効果に着目して―

日本教育社会学会第69回大会
@一橋大学

2017年10月

○木村治生・邵勤風・岡部悟志・橋本尚美

低所得層の子どもたちの学習に関する意識と行動
―JLSCP2015-2016調査にみる「貧困の連鎖」の要因―

日本教育社会学会第69回大会
@一橋大学

2017年10月

○邵勤風・橋本尚美

小中高校生の親のかかわりとそれに影響を与える要因
―JLSCP2015-2016調査を用いて―

第27回日本家族社会学会大会
@京都大学

2017年9月

太田昌志

子どもの政治に対する積極性
―JLSCP2016を用いた小学生から高校生の親子データの分析―

第64回数理社会学会大会
@札幌学院大学

2017年9月

2016年度

報告者
(〇は登壇者)

タイトル

学会

年月

Kagawa, Mei

There is a Life Outside of School: Social Space of Children's Everyday Life

The 13th Japanese-German Frontiers of Science Symposium, Potsdam, Germany
@Steigenberger Hotel Sanssouci

2016年10月

○木村治生・石田浩・耳塚寛明・佐藤香・秋田喜代美・松下佳代

文系・理系の認知に影響を与える要因
―JLSCP2015調査を用いて―

日本教育社会学会第68回大会
@名古屋大学

2016年9月

○岡部悟志・石田浩・耳塚寛明・佐藤香・秋田喜代美・松下佳代

親のかかわりと子の学習
―JLSCP2015調査を用いて―

日本教育社会学会第68回大会
@名古屋大学

2016年9月

○太田昌志・石田浩・耳塚寛明・佐藤香・秋田喜代美・松下佳代

能力認知と進学期待に関する親子の一致/不一致
―JLSCP2015を用いた検討―

日本教育社会学会第68回大会
@名古屋大学

2016年9月

○香川めい・○橋本尚美・石田浩・耳塚寛明・佐藤香・秋田喜代美・松下佳代

子どもの生活経験・体験の構造
―JLSCP2015データを用いて―

日本教育社会学会第68回大会
@名古屋大学

2016年9月

その他の発表・報告
2022年度

報告者
(〇は登壇者)

タイトル

学会

年月

濱田秀行

小中高校生の不読率について

文部科学省「子供の読書活動推進に関する有識者会議(第4回)」

2022年9月