教育情報

情報企画室について

設立背景

黒木研史

情報企画室長黒木 研史

今まさに、学校教育を中心に子どもを取り巻く環境が大きく変わろうとしています。ますます変化が激しくなる世界において、子どもたちに必要な力とは何か。そして、その力を子どもたちが身につけるために私たち大人ができることは何か。
家庭・学校・地域のそれぞれが個別に動くだけではなく、協働してより良い「答え」を導き出していくことが必要です。


私たち情報企画室は、家庭・学校・地域の課題の把握と今後の動向予測を通して、子育て・保育・教育に関心のある多分野の方々と共に「答え」を考えていきたいと考えます。各研究室の研究知見、現場の状況に加え、海外の事例も踏まえながら、「答え」を考えるに資する情報を幅広く発信し、子どもたちのよりよい成長に寄り添ってまいります。

使命

子どもたちのよりよい学習環境をデザインするために、保護者は子どもとどう向き合えばよいのか。園や学校は子どもとどう関わればよいのか。地域は子どもをどう支えていけばよいのか。情報企画室では、各研究室の研究知見をはじめとし、子育て・保育・教育現場での国内外の先進事例、識者や当研究所研究員による問題提起などをWEBサイト(ベネッセ教育総合研究所サイトChild Research Net)を中心に総合的に発信することで、今と未来の教育課題の解決に向けた材料を提供してまいります。


研究員紹介

黒木 研史 (くろき・けんし) 情報企画室長
教育関連の出版社において書店営業や商品企画、またインターネットサービスプロバイダにおいて教育関連コンテンツの配信業務などに従事し、2004年に(株)ベネッセコーポレーションに入社。教育におけるICT活用の効果について外部機関との共同研究や、WEB教材用の動画コンテンツの制作支援などを経て現職。現在は、教育行政動向等をはじめとする教育環境変化についての情報収集・分析、予測等を行う。

石坂 貴明 (いしざか・たかあき) BERD編集長
アメリカでホテル開発に従事後、ベネッセコーポレーションへ移籍。ベネッセ初のIRT(項目反応理論)採点の検定試験を開発、社会人向け通信教育(ニューライフゼミ)事業ユニット長、在宅主婦ネットワークによる法務サービス事業責任者等、主に新規事業に多く関わる。その後、移住・交流推進機構(JOIN)に出向し、総括参事として総務省「地域おこし協力隊」等を立ち上げる。教育テスト研究センター(CRET)事務局長を経て、2013年より現職。主に、「シリーズ・未来の学校」、「SHIFT」、「CO-BO」、「まなびのかたち」をプロデュース。 グローバル人材のローカルな活躍、日本の伝統と学びのデザインに関心。

劉 愛萍 (りゅう・あいぴん) 主任研究員
1996年(株)ベネッセコーポレーションに入社後、語学事業の立ち上げ、教材編集、マーケティング等を経て、現在はベネッセ教育総合研究所に所属し、Child Research Net(注)を運営。目下の関心事は、アジアにおける子どもの発達や遊びに関する共通項を見つけ、国境を超えた交流ができるようにすること。日本子ども学会常任理事、おもちゃコンサルタント。

渡邊 直人 (わたなべ・なおと) 研究員
都内編集プロダクションにて、教育専門誌の編集に携わった後、2006年に(株)ベネッセコーポレーション入社。学校向け情報誌「VIEW21」、研究者向け情報誌「BERD」の編集担当を経て、現在は教育を取り巻く政治、社会、経済情勢に関する情報収集、将来の教育環境の予測等を業務とする。

小川 淳子 (おがわ・じゅんこ) 研究員
2004年に(株)ベネッセコーポレーション入社後、こども英語教室事業部、グローバル教育事業部を経て、2013年より現職。現在はベネッセ教育総合研究所に所属し、Child Research Net(注)を運営。関心事は、「生きていることが楽しい」と思える子どもとオトナの成育。世界各国における子育て・保育・教育事情を知り、その共通点と相違点からヒントを得たいと考えている。

佐藤 徳紀 (さとう・とくのり) 研究員
2012年(株)ベネッセコーポレーションに入社後、中学生向けの理科教科の教材開発を担当。2016年6月から初等中等領域の調査を担当後、情報企画室の研究員に着任。専門は電気工学、エネルギー・環境教育、理科教育、博士(工学)。担当した主な調査は、「第6回学習指導基本調査」(2016年)、「子どもの生活と学び」研究プロジェクトの質的調査(2016年)など。これまでの主な論文は、「中学生の理科の好みに及ぼす電気の学習の影響」(2011年)、「中学校と大学の連携によるエネルギーを題材とした理科学習プログラムの開発」(2011年)など。


(注)チャイルド・リサーチ・ネット(Child Research Net: CRN)
世界の子どもを取り巻く諸問題を解決するために、従来の学問分野を越えて学際的な研究を集め、日・英・中の3言語で情報収集・発信をしている「子ども学」研究所。

ページのTOPに戻る