[an error occurred while processing this directive]
ご意見・ご感想はこちらまで

小さな子どもとメディア
親と子のメディア研究会
考えるヒントがいっぱい!Q&A コーナートップへ
1.メディア視聴のウソ・ホント

Q1

乳幼児がテレビやビデオ・DVDを見るとき、眼で気を付けたほうがいいことは何ですか?

Q2

乳児向けビデオ・DVDは1日にどのくらいの時間見せてもいいのですか?

Q3

乳幼児に見せると頭がよくなるビデオ・DVDって本当ですか?

Q4

暴力場面ばかり見ていると、性格が暴力的になってしまうのですか?

Q5

乳幼児がテレビを長時間見ると、言葉が遅れるって本当ですか?

Q6

テレビやビデオ・DVDからでる放射線って体に害があるのですか?

Q7

テレビっ子は肥満が多いっていうけれど、本当ですか?

Q8

テレビやビデオ・DVDを見ることで子どもの発達にどんな良い影響があるのですか?
2.メディアとの上手な付き合い方

Q2

乳児向けビデオ・DVDは1日にどのくらいの時間見せてもいいのですか?

A2

科学的に実証はされていませんが、2時間以内にしておくのがよいでしょう。
 科学的に実証された正解は今のところありません。しかし、ある子育ての番組で世界中の著名な専門家に同じ質問をした結果、その回答の多くは「科学的根拠はないが、一日2時間以内くらいではないか」というものでした。
 乳児の睡眠時間は12〜13時間ですから、起きている12時間のうち、授乳や食事、おむつ交換、入浴などに費やす時間は6時間くらい。残る自由時間は一日5〜6時間になります。この時間におもちゃで遊んだり、絵本を読んでもらったり、散歩に出かけたりします。この自由時間の中で、乳児は未知の世界について学んでいくのです。
  世界中の専門家が、「根拠はないけれど」といって回答した2時間は、この自由時間の約3分の1。一日にビデオ・DVDやテレビを4〜5時間も見ることは、自由時間の半分以上を一つの活動に使うことになります。乳児にはより多様な経験をさせたいので、「2時間以内」という回答は、実証はされてはいないものの、かなり合理的な数字だと思われます。
ベネッセ教育総合研究所次世代育成研究室HOMEへ戻る TOPに戻る