初等中等教育研究室

調査・研究データ

高校受験調査 [2011年]

関連タグ:

クリップする

報告書を一括ダウンロードする。

≫PDFダウンロード

GET ADOBE READER

※内容をご確認いただくためにはAdobe Readerが必要です。

報告書の概要

調査テーマ
■今の子どもたちにとって、高校受験の経験がどのような意味をもつのかを明らかにすること

■志望校選び・受験勉強のあり方と、成長実感や現在の学習状況との関連を明らかにすること

調査方法
インターネット調査

調査時期
2011年9月 

調査対象
インターネット調査会社の約191万人のモニター母集団のうち、子どもをもつ母親(35~59歳)10万人に対して予備調査を実施。

このうち、高校受験(中高一貫校の内部進学は除く)を経験した高1生の子どもがいる母親にアンケートの協力を依頼。 母子3,085組のサンプルが集まった時点で調査を終了。

調査項目
■子ども票:志望校選び(受験校数、入試方法、情報源、重視したこと、受験に関する時期など)、受験勉強(得意な教科・苦手な教科、勉強時間、勉強した理由、勉強のしかた、自分なりの工夫など)、受験を振り返って(受験の悩み、よかったこと・反省点など)、現在の生活

■母親票:母親の関わり、受験の悩み、子どもの成長実感など

調査報告書

1.志望校選び

・受験に関する時期

・重視したこと

・情報源

・母親の関わり

2.受験勉強

・勉強時間

・得意な教科・苦手な教科

・勉強の理由と方法

・自分なりの工夫

・受験の悩み(子ども)

・受験の悩み(母親)

・母親の関わり

3.受験の評価

・受験を振り返って

・よかったこと・反省点

4.受験と高校生活

・現在の高校での取り組み・悩み

 この調査に関するお問い合わせはこちら

ページのTOPに戻る