スマートフォンサイトを見る

調査・研究データ カリキュラム研究開発室

アクティブ・ラーニングを活用した指導と評価研究
分析事例Ⅲ 東京都立国立高等学校 生物における 教科学力と生徒自身が学び取る力の向上の取り組み

公開日: 2017.02.14

都立国立高校 生物/大野智久先生は、生徒同士の「対話を通した学び」を実践。学びを通して、生徒が何事にも主体的に取り組み、問いを立て解決できるような人間的な成長を目指す授業を行っている。今回の研究では、武蔵野大学特任教授/千代田女学園中学校・高等学校副校長/日本アクティブ・ラーニング学会副会長 荒木貴之先生にもご参加いただき、大野先生の授業の指導と評価について検討を行った。

≫続きを読む

新着記事&お知らせ RSS ※新着記事&お知らせのRSS配信を行っております。

アクセスランキング
現在
昨日
週間
先週
今月
先月
年間
記事や調査結果の掲載・引用について
研究所について
  • 次世代育成研究室
  • 初等中等教育研究室
  • 高等教育研究室
  • アセスメント研究開発室
  • グローバル教育研究室
  • カリキュラム研究開発室
  • 情報企画室
ARCLE

ベネッセ教育総合研究所が
運営する英語教育研究会

ページのTOPに戻る