中学校の学習指導に関する実態調査報告書2009―「学校外教育活動に関する調査」から

    PAGE 3/8 前ページ 次ページ

1.学習指導や学校での取り組み(主幹教諭・教務主任調査)

【DATA (1)全校的な取り組みについて】

「家庭学習の指導」(96.4%)、「生活習慣の指導」(95.1%)、「保護者や地域住民による学校評価」(93.6%)は9割以上の学校が実施している。「食育」(85.9%)や「小・中学校の連携」(82.2%)などの実施率も高い。

全校的な取り組みの実施率(「行っている」と「行う予定」の合計)をみると、「家庭学習の指導」(96.4%)、「生活習慣の指導」(95.1%)などの家庭での活動にかかわる指導は、ほとんどの学校が行っている。また、「保護者や地域住民による学校評価」(93.6%)や「保護者や地域住民による授業支援」(71.2%)など、保護者や地域との連携も進んでいるようだ。「習熟度別授業」(53.9%)や「放課後の補習授業」(49.7%)などの学習指導の充実は、半数程度の学校で取り入れられている。

Q.今年度、全校的な取り組みとして、次のようなことを行っていますか(行う予定ですか)。

図1-1:全校的な取り組み

     PAGE 3/8 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ