中学校の学習指導に関する実態調査報告書2009―「学校外教育活動に関する調査」から

    PAGE 5/8 前ページ 次ページ

1.学習指導や学校での取り組み(主幹教諭・教務主任調査)

【DATA (3)定期テストの実施状況について】

1年間に行われる定期テストの回数の平均は、三学期制の学校でも二学期制の学校でも、2008年に一度減少したが、2009年は回復傾向にある。ただし、二学期制の学校における3年生の定期テストの回数は減少した。

定期テストの実施回数の平均は、三学期制の学校で1年間に4.5回程度、二学期制の学校で4回程度である。学年による違いは小さいが、二学期制の3年生だけ回数が減少している。全体では、2008年に一度減少した後、2009年に再び増加する傾向がみられる。全校的な取り組みについての質問(p.9)では、「定期テストの回数や日数の削減」の実施率が2008年18.3%から2009年11.8%に低下しており、定期テストの削減をとりやめた学校が増えている可能性がある。

Q.定期テストの予定について、実施の有無をご記入ください。

図1-3:定期テストの実施回数(経年比較)

     PAGE 5/8 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ