中学校の学習指導に関する実態調査報告書2009―「学校外教育活動に関する調査」から

    PAGE 4/7 前ページ 次ページ

3.社会科の学習指導

【DATA (2)社会科の先行実施の状況】

先行実施する学校は13.8%で、先行実施をしない学校が84.0%と多い。先行実施する場合の内容は、「日本の諸地域」が73.2%であり、「世界の諸地域」では「アジア」(71.9%)、「ヨーロッパ」(67.0%)、「北アメリカ」(66.3%)の順である。

今年度から新学習指導要領の移行措置に対応した授業を先行実施するかどうかたずねたところ、先行実施する学校は13.8%、先行実施をしない学校は84.0%であった。多くの学校では、今年度からの先行実施はしないようだ。続けて、「先行実施する」と回答した教員に先行実施で取り扱う地域を聞いたところ、「日本の諸地域」が73.2%と高かった。また、「世界の諸地域」について取り扱う地域を答えてもらったところ、回答の比率が高かったのは「アジア」(71.9%)、「ヨーロッパ」(67.0%)、「北アメリカ」(66.3%)であった。

Q.今年度、社会科について、新学習指導要領の移行措置に対応した授業を先行実施しますか。

図3-2:社会科の先行実施の状況
図3-3:先行実施で指導する予定の地域

     PAGE 4/7 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ