東京大学共同研究「学校教育に対する保護者の意識調査2008」
   PAGE 3/5 前ページ 次ページ

 調査概要



 ■調査テーマ

 保護者の学校教育に対する意識

 ■調査方法

 学校通しによる家庭での自記式質問紙調査(子どもを経由した配布・回収)

 ■調査時期

【2004年調査】
2003年12月〜2004年1月
【2008年調査】
2008年3月

 ■調査対象

【2004年調査】
  全国の小2生、小5生、中2生をもつ保護者6,288名(配布数8,503名、回収率74.0%)
  調査協力校:公立小学校26校、公立中学校20校

【2008年調査】
  全国の小2生、小5生、中2生をもつ保護者5,399名(配布数6,901名、回収率78.2%)
  調査協力校:公立小学校21校(うち前回実施17校)、公立中学校19校(うち前回実施14校)

※単年度での分析に際しては、2008年調査全体の結果を用いた。また、経年での変化をみる際は、継続実施校(小学校17校、2004年2,495名、2008年2,782名;中学校14校、2004年1,515名、2008年1,603名、図表では継続校と表記)に限って分析を行った。

サンプル数
調査地域

 ■調査項目

学校や学校外の教育に期待すること/学校に望むこと/学校や先生とのかかわり/学校の取り組みへの満足度/習い事や塾/子どもの学習の様子/教育費/希望する進学段階/中学受験/教育改革の取り組みについての賛否/取り組みの実施や制度変更についての賛否/教育をめぐる意見/学習指導要領の改訂/授業時間の増加を希望する教科/子ども・家庭・地域・学校の様子/教育予算の配分についての意識

   PAGE 3/5 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ