東京大学共同研究「学校教育に対する保護者の意識調査2008」
   PAGE 1/15 次ページ
◆調査結果のまとめ◆

 第1節 学校教育に対する意識



  学校に期待する教育
  「食育」や「キャリア教育」に対する期待が高まっている

 学校にどのような教育や指導を期待するかをたずねたところ、「教科の基礎的な学力を伸ばす」「学ぶ意欲を高める」などの基礎学力や学習意欲の向上にかかわる項目や、「道徳や思いやりを教える」「社会のマナーやルールを教える」「表現力やコミュニケーション力を伸ばす」などの社会性の育成にかかわる項目が上位になった。「期待する(とても+まあ)」の比率について2004年調査からの変化をみると、「食や健康について教える」が6.7ポイント、「将来の進路や職業について考えさせる」が6.0ポイント増加している。その一方で、「コンピュータを使う力を育てる」は5.2ポイント減少した。

図1−1 学校に期待する教育(経年変化)
   PAGE 1/15 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ